独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
雑記

ふくやま大道芸のこと

今回、勝手に申し込まれたので参加することになりました。
金曜日の朝3時に東京を出発。土曜日のAM1時頃の到着予定がほんのちょっと早くなり、金曜日のPM2時半に到着。
レンタルサイクルを借り福山市を回って、スーパー銭湯に行って。ホテルを取っていないので車中泊。これが結構きつい。

土曜日
初日一発目の駅前広場。結構きついという前評判であったが、普通にできた。炎天下にも関わらず結構見てくれる人が多い。
2回目の天満屋前は日陰なのでやりやすい。
グランプリ出場のため3回目のショーは無い。グランプリ予選で出番を待ってる間に疲れ切ってしまう。
音無しでやろうと思ったのだが、あまりの静けさに耐え切れず小さく音楽かけました。(*´∀`*)
グランプリ予選のあと、一芸大会、ナイトパフォーマンスと続くのだが、元町ステージの大音量の前にずっといるのがきつかったのでホテルで少し休憩。終わるころに戻ろうと思ったのだが、食事に誘われたので戻らずに食事。


日曜日
この日は1回目が11時45分と余裕がある。
この回が一番良かった。結局大道芸って場所なんだな~って。
2回目。
大音量が疲れるから音をまったく使わないサイレントショーやりたいな~って思ってたら、サクノキくんが私の理想とするサイレントショーをやっていた。(*´∀`*)以前見たときとずいぶんショーのイメージが変わったけど、今のほうが面白かった。
昔はアンプ使わない人多かったけど、最近はどんどん大きくなってきてるもんね。アンカーのバッテリーがどうのこうのって。そこまで必要なのか??
サクノキくんの次が私だったのだが、この回が一番きつかった。それでも最終的には何とか形にしたけど。
時間ギリギリまでかかっちゃった。
私の次はさくら組さん。静岡の時と同じだね。年上の先輩芸人さんだけどやっぱすげーな~って。

打ち上げの2次会で夜中3時過ぎまで飲んでいたので、月曜日の朝はまったくお腹がすいていない。
とりあえずホテルの朝食でカレーを2杯食べて東京に向けて出発。

途中インターでファイターさんがあきらめずにヘブンに電話をかけ続ける。私は横で寝てました。
電話がつながったのは4時過ぎぐらいだったろうか。ヘブンの予約は辛すぎる。なんとかならんのか?
なんだかんだと家に着いたのは夜中1時過ぎてただろう。

毎度のことだが、フェスって楽しいしやりがいもあるけど、同時に自分の力不足も感じてしまうのです。
他の人の喋りがとことん優しくて、自分のショーってかなり攻撃的なんだなと実感。

で、今回あまり精神的に余裕がなかったので写真をまったく撮っていない。やっぱカメラマンいなきゃだめだな。
1回だけビデオ撮影したけどやはり自撮りじゃ無理があるね。



機材

GO PROのコピー

去年買ったんだっけ?いわゆるアクションカメラってやつ。
Go Pro使ってる人多いけど、高いやん。4万もするんよ。その金額出せないんですよ。
で、Go proによく似たSJCAMってやつをかったのよ。前の型だと8500円だったから。安いでしょ。
今まで動画取ってたけど、最近インターバル撮影できることに気付いた。
3秒、5秒、10秒、20秒で設定できる。
インターバル撮影だけだとスマホアプリでもできるんだけどね。



まったく同じ位置から撮影するから変化見れて楽しいのよ。
あと写真をつないで動画にしたりとか。

特に意味ないけどね。コマ撮りアニメみたいなの作るならインターバル撮影あるとちょっと便利よ。




最近GO PRO使ってる人多いけど、人に撮ってもらえるならちゃんとしたビデオカメラとかデジカメのほうが良い。

上海タワーに登るような人ならGoProで心躍るような映像が取れるだろうけど。大道芸じゃ無理じゃない?







雑記

真似だと思うと全然笑えないよね。

とてつもない疲労感とおもいきや、単に体調が悪かっただけか。
2日間眠り続け。
おかげで夜眠くなくなってしまうという悪循環。
風邪とか引くとやたら高カロリーのものが食べたくなるんだよね。そんで食べてすぐに眠くなる。
だから風邪ひくと太るという。

新宿武蔵野館でサモハン監督作品の緊急上映やってたから見に行こうと思ってたのだが、体調不良により断念。

小生の家にはテレビがないので、最近の流行りは知らないが、人伝に聞いて、youtubeで確認したりする。
アキラ100%がどうのとかって。ジャッキー・チェンのパクリにしか見えなくて全然笑えない。

ジャッキーのほうがやってること凄いからね。
実際にパクったどうかわからんけどね。偶然の一致だったのかもしれんけど。

パクられるのすごく嫌がる人いるけど、こういうことなんだろうなって。
さきにやったもん勝ちだからね。
中にはオリジナルを超えるクオリティまでもっていって評価されてる人もいるんだけどね。
劣化版コピーが一番よろしくないo(*^▽^*)oあはっ♪

芸のこと全般

(-。-)y-゜゜゜ 煙草

煙草のトリックってコンパクトでいいな~って。とか言いながらいざ火をつけると気持ち悪くていけないね。

IMG_0040_201705132139567c8.jpg

大きなステージだときついけどね。セロのライブでシガレットマニピュレーションやってたけど、モニターないと厳しい。でも大道芸ぐらいならいいんじゃね?

昔練習したけど、火をつけるとやっぱ気持ち悪くて無理ね。

やっぱ気持ち悪い・・・

おとぼけエニッシーさん(@otobokesandayo)がシェアした投稿 -



煙草吸う人はやってみるとよろしい。私には無理だわ・・・。



扱うものが壊れやすいから結構難しいよね。

知ってる人で脳梗塞で倒れた人何人かいてさ。リハビリしてもやっぱ手が震えたりしてて。
今まで出来てたことが一瞬で出来なくなるって恐ろしいよね。
私は元気なジジィを目指してるのだが。80歳で華麗に一輪車に飛び乗るとか。
無理やろか・・・

雑記

ツクダ式

別にスピードキューブとかやってやしませんけどね。
なんか流行ってるからとりあえずそろえれるようにしたんだけど。
やってないと忘れるんよ。ツクダ式って覚えるの少ないから簡単なんだけど。
でも1分半ぐらいかかる。そもそも完全一面そろえるのに時間がかかりすぎてるんだけどね。

まあ、今更って感じなんだよね。ディアボロとかも今更やってもね~って感じで。
そんなこと言いだすと何にも残らないんだけど。
なんか、面白い見せ方できたらいいんだけど。何にも思いつかないや
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \




雑記

満足していたはずが・・・ なんでだろうね。

こないだイップ・マン3を見たので、詠春拳つながりで、沸山贊師父、全20話を改めて鑑賞。
中華ドラマで20話って比較的短いのよ。この後作られた「詠春」は全40話ですよ。改めて見ようという気すら起きない。
2005-RealKungFu-wide1.jpg
実在してる人物が出てるからといって、実話ではない。イップマンもフィクションですから。勘違いしないように。

黄華寶→梁贊→陳華順→イップ・マン→ブルース・リー というふうに受け継がれてるわけです。

イップマンの師匠の陳華順ですが、39歳の時に梁贊の門下生になり、13年間学んで52歳の時に武館を開いて職業武術家になったそうな。
イップマンの息子の葉準は37歳から学んだとか。


やっぱ年齢を言い訳にして怠惰な生活してちゃいけないな~って思ったわけ。
40からでも全然新しいこと始めれるんだろうな~ってね。

自分よりずっと年上の先輩芸人さんがどんどんレベルアップしていってるのを見ると良い意味で刺激されるわけ。
そうかと思えば自分より若いのにまったく成長してない人もいて、「この人は生きてるだけの人なんだ」なんて思ったり。
歳とると”若さ”という魅力がなくなるから他の部分を伸ばしていかないとどうにもならないんだよね。

さてさて、少し前に一輪車を少しだけ高くして、満足してたはずなんだけど。あと40㎝高くしようかななんて。
井の頭公園限定で。ほかの場所だと自分の時間邪魔されないからね。井の頭だと戦いになるから少しでも高さだしたほうが・・・。
観客に手伝ってもらって、なんとかよじ登って、降りるときはやっぱりマットがいるかな。
一説に階段を下りるだけで体重の3.5倍の負荷が膝にかかるとか。


この人9フィートの一輪車に飛び乗りしてるけど、普通は無理。この高さだとステップつけないと。

それこと最初はミヤタの一輪車で満足してたはずなのに。こうやって少しずつ高くしていって怪我するんだろう。
アホだから高いところが好きなのか( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \


映画館でみたアジア映画

イップ・マン 継承

いつの間にか公開されてた。o(*^▽^*)oあはっ♪




例のごとく木人が置いてあります。

今回の映画でブルース・リーが出るってことで結構話題だったんだけど。蓋をあければ3シーンだけ。それもアクションシーンとかないし。
マイク・タイソンが出てるので、前回と同じような構図かと思ってたが、違った。やはり3度も同じ展開にするわけにいかなかったのだろう。
最後は詠春同市の戦い。マックス・チャンが素晴らしい。
なんか、ドニーより動きにキレがあるように感じた。

奥さん役のリン・ホンもよかった。実際はドニーと親子ほど年齢離れてるんだけどね。ずっと見てると夫婦に見えるんだな。

今回アクション監督がユエン・ウーピンなんだよね。ドニーのデビュー作「女デブゴン強烈無敵の体潰し!!」の監督だよ~。
ドニー・イェンはいつから宇宙最強って言われるようになったのかな?