独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
ジャグリング

凝りもせずにまたまたジャグリングクラブを購入。


例のごとくRENEGADEで購入。クラブ5本とトーチ1本で送料70ドルだとちょっと高すぎないか?
昔は36ドルぐらいだったような・・・。
未だにしつこく練習してます。できる日がくるのかどうか・・・。..
自分ができるようになるって信じるしかないんだよね。

timeline_20170823_153721.jpg
クラブかトーチを4本以上買うと本がもらえます。多分10年ぐらい前からやってると思う。
今まで5~6冊もらったような気がする。
作りすぎて在庫いっぱいなのだろうか?
日本語版だしてくれたら買うんだけどね。辞書片手に読むぐらいの根性が私にはない。

timeline_20170823_153731.jpg
何気なくみてたんだけどね。これ五階茶碗のエンディングの技と同じやんね。
このボール乗っけてる台って売ってないのか?昔売ってるところあったんだけどね。もうないのかな?

( ̄◇ ̄;)エッ

髑髏ってつまり骸骨ですよ。

ハロウィンショー何しようかと悩みつつ。
ホラー系のネタならあるからそれを使えばいいじゃん。ってコメディでやらないとドン引きされる危険性もあるのだが。
あと髑髏のゾンビボールとかええやんな~って思ったけど、その場所風が結構あるからゾンビボールはむいてないか。
あとは衣装とか。マントつけて牙でもつければドラキュラに・・・
あるいはキャンディーをだして子供に配ればそれでもハロウィンか。
あとは風船でなんか飾りつけでもすれば・・・。

何しよう

さて、先日ファイターさんにもらった髑髏のステンシルを使ってみた。
KIMG0224.jpg

毒々しくていいよね~。
って髑髏は風水的に良くないんだってさ。
インテリアでドクロの絵を飾ったりすると、ケガや事故を引き寄せやすくなるという説も。

まあそんなの気にしませんけどね。
(´∀`*)ウフフ

RIYOURI

WASABI

チューブ入りのわさびってなんなのかって話。
「本わさび使用」と表示されてるものは50%以上わさびが入っている。
ところが「本わさび」と表示されていないものにはわさびが入っていない。
何が入ってるかというと、ホースラディッシュなんですよ。俗に西洋わさびとか言われてるやつ。

てことで本物のわさびが食べたくなるでしょ。
スーパーで生わさびが売っておりました。これで400円とか。結構するね。
今までは普通のおろし金使ってたけど、こないだ鮫皮おろし買ったからね。
timeline_20170821_121233.jpg

なんか夏場はわさびはあまり辛くないらしい。そういう時は砂糖を少し加えるんだってさ。本当か?
今度やってみよう。
timeline_20170821_165950.jpg


芸のこと全般

結局は自分がずっとやってきたことを信じるべき。

平日に何してるかって?
良く聞かれるけど、練習してますよ。週に4回スタジオ借りてますから。
でもそんなに新しいことやらないけど。いやいや、練習していても1年に1個か2個しか新しいものって増えないさ。

最近インターネットが普及したおかげか、毎週のようにマジックショップに新商品が入荷している。
マジックなら新しいものがどんどんできるのかな~?なんて思いったりもするが、やはり自分なりのルーティンを作るのは年に1個か2個ぐらいだろう。
マジック道具とか買っただけだと大抵役に立たない。それにちょっとしたアイディアを加えることによって劇的に変わったりする。
そういったアイディアができるのも年で1個か2個ぐらいでしょ。
ずっとショーのことを考え続けて、それでもある程度形を作るには結構な年月がかかるんですよ。

芸風を変えるとかそんなこと考えてるとどんどんぶれていく。自分の信念に従ってやるしかないな。

55.jpg
ドン・キホーテで大きなサッカーボールが売っていた。300円ぐらいだったので何も考えずに買ってみたが、使い道がない。
昔バランスボールを回したことがあるが、それよりは回転が良く見えていいかもね。
大きすぎてカールとかもできないしね。子供に棒を持たせて回そうにも重すぎるしね。
あれやってみようかな。ほら、例のあれ。
あれだよ、アレ。





芸のこと全般

悲しき現実。

大会などで受賞歴のあるパフォーマーたちがお金がなくてバイトしてるなんて話を聞くと夢も希望もないな。それがまだ若い人ならなおさらである。
パフォーマーという生き方は何気にヘビーである。
20代に下積みで経験積んで30代でようやく芽がではじめ。
40超えると仕事が少しずつ減っていき、50超えると投げ銭も大して稼げず・・・。
さらに体はもう若くないので、何かの拍子に大けがしたり。
とまあ、暗い話ばかりになりますよ。
それでも20代、30代はそれなりに稼げるはずなのだが、その時期に収入が少ないなら、歳をとってから大変だろう。
歳をとっても確固たる地位を築いた人なら大丈夫だけどね。
あるいはほかの収入源もある程度確保しているとか。

全員が稼げないなら自分が貧乏かどうかわからないからいいんだけどね。同じフィールドで活動して一部の人だけが稼げてたりするから、稼ぎの悪い人はどんどん卑屈になっていくんだよね。
ああ~ やだyだ~。たかが金じゃないか。

そういや、私がまだジャグリングの練習をしていたとき、やっぱ同じようにパフォーマーを目指す人と会った。クラウンになるとかいって、お台場で風船作ってたらしいが、その後一度も会ったことはない。マラバリスタで一緒にジャグリングを練習していた人も結局いまだに同じ会社で働いている。ほかにも何人かパフォーマーを目指した人がいるが、やっぱ誰一人プロにならなかった。
誰でも簡単になれる職業だと思っていたが、そうでもないのか。
それでも、仕事をやめて大道芸人になる人が後をたたない。やっぱ頑張ってる人には結果が出てほしいし、頑張ってない人はどうでもよい。

all-winner-effort.gif
努力してる人が報われる世界だったらいいな。

芸のこと全般

火喰い



以前、火を食べる動画アップしたら、「食べてみたい」という奇特な方がいた。
食べさせようとすると、いちいち火を吹き消して食べてやんの。
燃えてる状態で食べるからおもろいんやろ。
いちいち吹き消すって、そのビビり具合は滑稽なんだけどね。
それが普通の反応なのだろうか?そういや、小学生のときはじめて火喰いやったときはやっぱビビってたものね。

火ってわりかし本能に訴える部分があるでしょ。なおかつ食も本能に訴える部分があるでしょ。
ってことはこのネタは結構最強じゃね?
迫力的にはトーチの火喰いのほうが火が大きいからいいんだけどね。
これは本当に食べてるからね。なんか面白い演出があったらショーでやりたいんだけどね。

火喰いやりたいならこの本ね。ファイヤーの技がいろいろ紹介されています。
DVDで実演動画もあったし。
ただ、英語出来ないから細かい部分が分からない。きっと安全面に関する注意事項もいろいろ書かれていると思う。
ナランハさんに頑張ってもらって、専門書を日本語訳で出してほしいな。
dsaf.jpg

芸のこと全般

燃料の揮発を防ぐために。

昔、トーチ・トゥ・ケーンのホルダーを作った。
オイルの揮発を防げるので、好きなタイミングで使える優れもの。しかもホルダーをはずすと同時に点火できる。
我ながら良いものを作ったものだ・・・自画自賛・・・



とまあ自分で画期的なアイデアだと思ったけど、今普通にマジックショップで売ってるんだよね。
自分が考えつくようなことってたいてい誰かが先にやってるんだ。
3622.jpg

マヨーラルのマジックでキャンドル・フラッシュ・ケーンってあるんだけど知ってるかな?
キャンドルからシルクが出現。火を点けるとケーンに変わる。
これの省略版でシルクに火をつけてケーンに変化させる、ファイヤーケーンってあるんだけど。
これもやっぱり事前にシルクにオイルをしみこませるので本番でいざやろうとしたら揮発してたりするんだよね。
それも揮発しないようにホルダー作ったりしてたな。

ファイヤートーチとかファイヤーデビルとかもオイルをつける時間って結構無駄だからショーの前にオイルに浸して、揮発を防ぐホルダー作ったほうがいいかな~。灯油だったら、日陰に置いておけば30分ぐらいは大丈夫。
昔はコールマン燃料使ってたから、あっという間に揮発していた。