31,2018 マツリカ READ MORE

 26,2018 コレクター READ MORE

 25,2018 オールコック 大君の都 READ MORE

 22,2018 マジックの心理トリック READ MORE

 20,2018 ココロ・ファインダ READ MORE

 15,2018 空より高く READ MORE

 08,2018 ジャグリング・ラプソディ READ MORE

welcome-image-photo
先週は忙しかったのに、今週は暇になる。本当は事務作業とかやらなきゃいけないんだけど、現実逃避中。気付けば1月も終わりか。スタジオの稽古の後に図書館で本を借りてくる。前作を呼んだのが2015年の7月だから全然内容は覚えていない。一応ストーリー続いてるから続けて読んだほうがよい。全巻までは短編のミステリーだったのだが、今回は長編。やっぱ面白い。1日ですべて読み切ってしまう。こういうのがライトミステリーってや...
マジックグッズコレクション。マジックの虜になった人はこんなにいろいろコレクションしちゃうのか。奇術道具だけでなく、ポスターやチラシ、新聞の切り抜きと奇術関係のありとあらゆるものをコレクションしちゃってるのね。ここまで集めれたら博物館でも作れるだろう。江戸時代の奇術書なんてどこで入手するのやら。そういや以前「放下筌」がヤフオクで売ってたね。とんでもない値段でとても手がでなかったけど。小生、コレクター...
上中下の三巻でてるのですが、読みたかったのは下巻のみでして。というか、下巻の数ページだけ読みたかったのよ。以前間違えて上巻を買ってしまったので、このまま本ばかり買ってお金が無くなっていくのもいかんともしがたい。世の中には図書館という超便利なものがあるのです。しかもすべて無料で使える。使わなきゃ損ですよ。外交官オールコックの手記なんですけど。当時の曲独楽の興行について書かれてるの。実際は3時間以上の...
井の頭公園のかいぼりも3回目にもなると別に何とも思わなくなってしまう。しかし、この大雪。かいぼりの意味がなくなるだろう・・・。昨日公園で半分ほど読んでいたが、今日はさすがに出歩く気も起きず完読。共感できる部分もあるし、まったく違う部分もあるし、どうでもいい部分もあったが、結局のところ最初の1ページにつきる。人々はトリックを見にくるのではなく、「人」を見に来るのですあと、著者の考えた「ふしぎな新聞紙」...
ココロファインダとココカラファインってなんか似てるね。 ってどうでもいいね。 みなさnご存知の相沢沙呼の小説です。 高校の写真部を舞台にした短編4本。 うーん・・(〃 ̄ω ̄〃ゞ 一応軽くミステリーなんだけどね。本当におまけ程度に。 それぞれのお話がさほど面白くない。 軽い作品なんであっという間に読み終わるけどね。 なんだ...
ざっくりとストーリーを言うと、廃校の決まった高校が卒業までに何か始めよう。で祭りをやるの。青春ストーリーなんだけど。わたくし、高校時代なんて趙つまらなかったから二度と戻りたくないけどさ。こういう青春もどきっていいな~って。自分になかっただけに羨ましかったりするわけ。別にそれほど感動したわけでもないし、つまらなかったわけでもない。ジャグリングの模写もなかなか詳しい。ちゃんと取材とかしてるのだろう。主...
ジャグリングとかマジックとか独楽とかそういうものが出てくるも映画とか漫画とか、可能な限り目は通している。 ジャグリングの大道芸人を主人公にした小説は珍しいな。 ページ数も少なく、文字も大きいのであっという間に読み終わる。 主人公はアポロンと名乗る大道芸人。 パントマイムとマジックを・・・ ジャグラーじゃないのか? ショーの最後はコンタクトジャグリング・・...