独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
こんなの作ってみました

ジョイントはどうするか?

昨日終電近くまで芸人さんとしゃべってたおかげで、今日は疲労困憊。
朝練に行く体力がなく家で洗濯して道具作り。

棒を3分割できるように。3分割だと安定感がちょっと不安か。それでも2分割できればもうちょっと高さ出せる。
以前ネジ式でジョイントを作ったけど精度が悪かった。
ということで今回は差すだけ。写真じゃわかりにくいわな。印籠綱ぎのような感じにしたかったんだけどね。
技術的に無理だったので、木がピッタリはまるアルミパイプをつけた。それだけ。
3本つなげるとやっぱ安定感がなくなるから2本ぐらいかな。

事務作業やらなきゃいけないんだけど、月曜日は強烈に部屋が散らかっている。
そのうえ木材を加工したりしてさらにちらかって。とりあえず掃除しないと。
夜には終わらして事務作業にうつりたい。

生活空間と事務所と作業場が別々にあればいいのにね。
それに機械の体だったらよかったのにね~。
そしたら疲れずに動けるのに
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

_20171010_160753.jpg

こんなの作ってみました

自分が好きなものは他人は好きじゃないって。

先日ヘブンアーティストのオーディションありましたね。すでに予約が全然取れないのに、まだ増やすのか・・・。
予約日にに必死になって電話して、〇時につながったとか。夕方までつながらなかったとか。
そんな電話をかけ続ける生活をこの先も続けていく気なのか。
昔、先輩芸人さんが言ってたっけ。「ヘブンアーティストがないと生活できない人は才能がないから早くやめたほうがいい」って。

いつの間にかとことん芸人が増えてやる場所もなく、今後は大変だろう。
いろんな人に聞いてみたけど、皆それなりに審査に落ちたりしてるんですよ。
よかったよかった。
自分だけが落ち続けてるって勝手に思い込んだりしますから。
応募するのが面倒ってのもあるけど、何よりほとんど受からないで無駄に終わるから嫌なんだよね。
すべて結果に結びつくなら面倒でもがんばれるじゃん。

常々思ってることだけど、自分の好きなものは他人は好きじゃないってこと。
自分が面白いと思ったことが全然受け入れられないとかあるみたいね。
わたしだったら面白がってすぐにアップするんだけどね。

なんか気に入らなかったみたいね。せっかく作ったから私のブログにアップしとくさ。
ε- (´ー`*) フッ
逆にこの人たちのやってることが私にとっては面白くないんだから、人それぞれ違うわな。

うさぎ宣材写真ウサギというよりブタさんだよね

こんなの作ってみました

オコシテ

お台場にはオコシテってブランドあるんよ。
寝っ転がったワニさんのやつ。

オコシテ

オコシテ545

フォトショップで作っただけなんだけど。
信じる人がいるので。
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

こんなの作ってみました

ジョイント

やっぱり精度が全然出せなかったので、今回は流用。
なんでも自分で作ろうとしても手作業じゃ無理がありますから。使えそうな商品買ってきて流用したほうがよろしい。
2分割できる和傘を壊して作ってみましたと。
何に使うかはいずれ・・・
_20160427_215149.jpg
_20160427_215122.jpg

こんなの作ってみました

ジョイント

棒状のものを二分割したかったんだけど。どうやってジョイントすればいいのか試行錯誤し続け。




苦肉の策でボルトを埋め込んでみたのだが。精度が悪いな。
強度的にも不安。
なにかよい方法はないだろうか?

こんなの作ってみました

綾撥

ジャグリングできる人が道具を置き換えれば和芸になるなんてよく言われるけど、そんな単純なものじゃない。
クラブを撥に置き換えればよいと言われても、実際は技も受け方もジャグリングと違うわけですよ。
だから私が撥を投げても「太神楽のようなもの・・・」でしかない。


とりあえず3本つくってみた。本物はくぼみとかあるんだけど、手作業で作るのは面倒なのでやめた。
だから「撥のようなもの・・・」です。
なぜに先が赤いかというと、松明を投げ取りしたのが始まりだからです。炎の変わりに先端を赤くしてるんですよ。
長さは1尺程度。ジャグリングクラブのようにノブがないから滑って落としやすい。
とても難しい。

こんなの作ってみました

マネークリップ

スプーンよりバナーナイフのほうがシンプルでいいかな。

超コンパクトじゃね。

今までよりさらに薄く。
でも小銭入れないと不便やんな。やっぱり普通に財布かったほうがええかな。

このカテゴリーに該当する記事はありません。