独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
映画館で観た洋画

午後8時の訪問者

監督: ジャン=ピエール・ダルデンヌ
リュック・ダルデンヌ
出演: アデル・エネル ジェニー
オリヴィエ・ボノー ジュリアン
ジェレミー・レニエ ブリアンの父
ルカ・ミネラ ブリアン
オリヴィエ・グルメ
ファブリツィオ・ロンジョーネ

 「息子のまなざし」「サンドラの週末」のジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ監督が、一人の身元不明少女の死の真相を探る若い女医を主人公に描くヒューマン・サスペンス。少女の死に責任を感じ、その足取りを辿る中で自らも思いも寄らぬ危険に巻き込まれていくヒロインの運命を、現代の様々な社会問題を背景にスリリングに描き出す。主演は「水の中のつぼみ」「メゾン ある娼館の記憶」のアデル・エネル。
 有能な若き女医ジェニー。今は小さな診療所勤めだが、間もなく大きな病院へ好待遇で迎えられる予定。ある晩、診療所の呼び鈴が鳴るが、診察時間は過ぎているからと、研修医ジュリアンがドアを開けようとするのを引き止める。翌日、警察が来て、近くで身元不明の少女の遺体が見つかったと知るジェニー。昨晩の監視カメラには、呼び鈴を鳴らす少女の姿が映っていた。あの時、ちゃんと出ていれば少女は死ななかった、と自分を責めるジェニー。罪悪感から携帯にコピーした少女の写真を手に、名前も分からない彼女の身元を突き止めるべく自ら聞き込みを始めるが…。(allcinemaより)



今年6本目。
タイトルもポスターも予告編もよかった。ものすごく面白そうでさ。
その分期待値が高かったのかものすごく肩透かし。


ミステリーとかサスペンスだと思ってたがまったくハラハラしない。ものすごく静かに展開していく。
真相が明らかになる家庭もあまり楽しめないし、明かされた真相もどうってことない。
映画通や評論家がこのみそうな映画ではある。
途中で気が付いたのだが、この映画まったくと言っていいほど音楽を使っていない。
エンドクレジットでmusiqueってあったから1曲ぐらい使ってたかもしれないが、印象に残っていない。
エンドクレジットですら音楽が流れない。ある意味斬新だな~。

この兄弟監督のことは全然知らないけどいろいろ受賞してるみたいよ。今度ほかの作品も見てみようと思う。

映画館で観た洋画

ゴースト・イン・ザ・シェル


雨の中見てきました。

原作漫画は読んでないし、押井守の映画も見てないし、テレビアニメも見てない。
さらにいうと、スカーレット・ヨハンソンって知らないんだよね。
初めて見たけど綺麗な人でした。
とにかく今の時代って映像化できないものがないんだよね。どんな映像でもCGでつくれちゃう。
未来都市の3Dのサイネージとか面白いものね。設定は2069年だって。そんなに未来じゃないんだね。
街並みはどう見ても香港なんだけど。足場作るための竹がおいてあったりして。未来でもやっぱ竹なんだな~って。どんなに文明が発達しても雨の日は傘なんだな~って。もっと便利な雨除けとかでないのかな~。

私としては面白かったが、隣の人は寝ていた。
アクションシーンがちょっと物足りないんだな。最後の多脚戦車との戦いもいまいち盛り上がらない。
少々惜しいか・・・。

それにこれアメリカ映画なんだよね。中国からも資金でてるけど。
ゴジラもトランスフォーマーもバイオハザードもゴースト・イン・ザ・シェルももともとは日本のコンテンツなんだけどな~。アメリカが大金かけて作って稼いじゃうから困ったもんだ。
日本だと予算降りないからここまでの映画絶対作れないんだけどね。

翌日に押井守のアニメ版を見たのだが、実写版よく似ておる。同じシーンとか結構あるし。
アニメ版を先に見ててもイメージは壊れない実写化だったのかな~っと。
で、未来都市が香港なのもアニメ版と同じだった。



映画館で観た洋画

キングコング 髑髏島の巨神

今年4本目かな。

今回まったく期待してなかったんだ。

はい、日本版ポスターのダサさといったら。70年代のセンスだな~って。

こっちがアメリカ版。なんか恰好いいでしょ。

そんなこと思ってたら1973年の設定だった。o(*^▽^*)oあはっ♪

映画館で隣の女性の足が臭くてたまらない。靴脱ぐなんて非常識な。
ってことでにおいが気になって映画に集中できない。
とはいえ、2020年にゴジラvsキングコングやるからこれは見ておかないと。

ざっくりと感想をいうと。面白い。
テンポいいからあっという間に終わっちゃったって感じ。

絵も綺麗だったな。夕日バックのキングコングとか満月の夜のコングとか。なんか恰好いい。

エンドクレジットの後に映像がちょっと続くんだよ。見ないで買える人結構いたけどね。
モスラとキングギドラとゴジラが・・・。

今回のキングコングって身長31.6メートル。アメリカ版ゴジラは108メートルだけど。どうやって戦わすんだ?


映画館で観た洋画

ドクター・ストレンジ

監督:スコット・デリクソン
出演:ベネディクト・カンバーバッチ キウェテル・イジョフォー レイチェル・マクアダムス

今年2本目です。
まったく見る気なかったんだけどね。見た人から面白いと言われたもので・・・。

マーベルの漫画が原作らしいけど、よくしらん。マーベルってスパイダーマン以外見たこと無いわ。
ついでに監督も出演者もまったくしらん。

本編始まる前に、エンドクレジットの後にも映像があるという親切なお知らせ。言われなくても最後までみるんですけど。エンドクレジット見ないで退席した映画は「ローグ・ワン」だけですから。

映像はすごかったね。なんか酔いそうになる。ストーリーは荒唐無稽。それはいいや。
コメディが結構いい感じかな。
たぶん続編も作る予定だろうけど。見に行くかどうか・・。

んで新宿ミラノビルが完全になくなって、西武新宿が見えますわ。


映画館で観た洋画

ローグ・ワン スターウォーズ

今年は22本の映画を見に行きました。
最後に見たのがローグワン・スターウォーズ。

star-wars-rogue-one.png

私の周りにもスターウォーズが好きな人はそれなりにいるんですよ。

でもね、私の感想は、「よーわからんけど、おもんなかったわ」

3Dでみたけどあまり意味なかったな。というか見にくくて字幕読みにくくて2Dのほうがよかったか。
いやいや、そんなこと関係なく眠い。スターウォーズシリーズを見るのはこれが3度目ですが、必ず眠くなる。
自分にだけ理解できないのかな~って思ってたけど、隣の人も思いっきり寝てました。

何で見に行ったかって?ドニー・イェンが出てるから。
でも対して活躍しなかったんだよね。

あとドロイドがラピュタに出てくる奴に似てるな~って
ww00003510-300x220.jpg

すげー2時間半無駄にしたような気がしてならない。

映画館で観た洋画

ジュリエッタ

640.jpg

20本目
映画の日ですから、たまには映画でも。
ペドロ・アルモドバル監督のジュリエッタを見に行く。

スペインのマドリードでひとり暮らしをしている中年女性、ジュリエッタ。
恋人のロレンソとポルトガルへの移住を計画していた彼女だったが、ある日、知人から“あなたの娘を見かけた”と告げられ、激しく動揺する。
娘のアンティアは12年前、何も言わずに突然ジュリエッタの前から姿を消してしまったのだった。
ロレンソとのポルトガル行きを諦めた彼女は、かつて娘と暮らしたアパートへ引っ越し、娘との再会にかすかな希望を抱く。
そして心の奥底に封印していた過去と向き合い、所在も分からぬ娘に宛てた手紙を書き始めるジュリエッタだったが…。

主人公のジュリエッタの人生が悲劇の連続なんですよ。
最後の娘の手紙に住所が書かれてたってのが救いか。あとロレンソはよかったか。

ペドロ・アルモドバル作品はそれなりに多く見てるけどあまり覚えていない。この映画も何年かたったらほとんど忘れてしまうだろう。
電車の横を鹿が走ってるシーンだけがやたら印象に残ってしまった。全然ストーリーと関係ないのにね。

22時からの上映で寝ずに最後までみれたからまあまあ良かったんじゃないかしら。
いつも22時に寝るから、映画館で寝るか心配だったのよ。




映画館で観た洋画

ハドソン川の奇跡

147187788183221820179.jpg

今年18本目。
ハドソン川の奇跡。
バードストライクで両エンジンが停止。ハドソン川に不時着水したお話。
日本でもニュースでやってたから有名でしょ。仰天ニュースでもやってたし。

僅か208秒の出来事をどうやって映画にするんだって。乗客155人を救った機長の判断が実は間違いだったのではないかと、責められちゃうわけだ。
監督クリント・イーストウッド。主演がトム・ハンクス。イーストウッド監督作は初めてみたな。最近の人は役者のクリント・イーストウッド知らないみたいね。
バック・トゥ・ザ・フューチャー3でマーティが自分のことをクリント・イーストウッドと名乗ってるでしょ。(´∀`*)ウフフ

仰天ニュースで再現VTR見てても普通に面白いわけよ。だから誰が作っても面白くなるんじゃないの。
面白いんだけどさ。面白いんだけどなんか物足りないんだよね。
やっぱ想像以上のものがなかったからかしら。

しかし、最近の映画って実話多いな・・・。

このカテゴリーに該当する記事はありません。