独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
映画館で観た映画

4本目 メリー・ポピンズ・リターンズ

IMG_20190208_125027.jpg

別にそれほど見たかったわけじゃないんですよ。ただディズニーだと無難かな~って。
全然自分の好みじゃないのはわかってるけど、無難に楽しめるだろうと。

前作見てないんだよね。だからちょっとわからない部分もあるのよ。1作目から見たほうが良いかも。

さてさて。予想通り別に好きな映画じゃないの。映像美だけをひたすら楽しむような感じ。
一応ストーリーはあるんだけど。ストーリーと特に関係のないシーンがダラダラとあるから。別にいいんだけどさ~。
映像美だけを見せるならもうちょっと短くしてほしい。90分ぐらいでまとめてくれると楽しめるんだけど。2時間越えは長すぎよ。
だってストーリー展開全然ないのよ。

ディズニーはしばらく見なくていいや。

映画館で観た映画

3本目 ヘレディタリー 継承

timeline_20190131_185604.jpg

めっちゃ怖いという噂だったので。
正直全然怖くなかった。ただただ、妹が不気味。そして母親も不気味。
前半部分は結構だらだら進んでて、妹の首が飛んでからhorrorっぽくなっていったか。
最近のhorrorみたいに急に大きな音をだして驚かすってことはしていない。ある意味気持ち悪い感じがするhorror。
そんで、最後はさらにもやもやする。
あのエンディングがどうにもピンとこない。
宗教的な部分とかもあるじゃない。エクソシストがめっちゃ怖いって言っても日本人にとってはそれほどでもないっていう。
日本人だと悪魔復活とか言われてもね~。
ってことです。

映画館で観た映画

2本目 クリード 炎の宿敵

173873.jpg

ロッキーシリーズは一応見に行く。
ロッキーシリーズもまあ、ストーリー展開は見事に読めるわけですよ。ロッキー5を除き。
ロッキー5はみんなは嫌いだけど私は大好きな映画です。(´∀`)

クリードの続編でロッキー4の続編。
ドラゴの息子との対決。最初ぼこぼこに負けて。厳密にいうとドラゴ息子が反則負けだけど、明らかにクリードの力不足という感じで。
そんで再戦して勝つという。ものすごく簡単に展開が読めるやつね。

とりあえずドラゴ親子が不憫でならない。そんな印象かな。
後は普通。安定のワンパターン。
もうちょっと短くまとめてほしいかな。最近の映画2時間越え多いけど、予告とか入れたら2時間半ぐらい拘束されちゃうから。
100分ぐらいでまとめてほしい。

どうでもいいけど、原題通りの「クリード2」でいいじゃないかって思う。タイトルに数字ないと後で何作目かわからないから嫌よね。

映画館で観た映画

28本目 ポリスストーリーReborn

320_20181205075915155.jpg
全然ポリスストーリー関係ないんですけど。全然ってわけでもないか。主題歌が「英雄故事」だから、ちょっとは関係あるか。
とりあえずポリスストーリーを期待したら大きく肩透かしされるというやつ。

オフィシャルの予告編を見ればわかる通りSFアクション。


だからポリスストーリー無関係なんだって。


香港警察のリン・ドン(ジャッキー・チェン)は
重要機密を持つジミー博士を警護する密命を受けた。

しかし、博士の研究の秘密を奪おうと企む闇組織は
邪悪で卑劣。
彼の娘までが瀕死の重傷を負った。

本来なら死ぬはずの重傷。
だが、最新の生命化学製剤の投与を受け奇跡の回復を。

そして、13年が過ぎた。
リン・ドンと彼の警護する寡黙な少女ナンシーは国外でひそかにくらしていたが、
彼女の書いたSF小説《Bleeding Steel 機器之血》が大ヒットする。

彼ら闇組織は、小説が事実に基づいていることを察知。
再び、リン・ドンとナンシーは彼らの魔の手に追われることになった。

その騒動の中、リー・スン(ショウ・ルオ)と名乗る謎のハッカーも、
WEB上の情報だけから?
リン・ドンとナンシーの事情を理解し
サイドから、援護をするようになる。

リー・スンは、正義の味方なのか?それとも、やはり生命科学の秘密を
狙っている悪人の一味なのか?

次々と迫りくる闇組織のサイボーグ化された戦士!
凄絶な死闘が続く中、はたして、
運命の女神はどちらに微笑むのだろうか?


突っ込みどころは満載なんだけど、それはそれとして楽しい。
敵のコスプレ具合がそもそもおかしい。何であんな衣装になったのか謎。

映画館で観た映画

27本目 恐怖の報酬

DtPz26DUcAICzGr.jpg

恐怖の報酬オリジナル完全版を鑑賞。30分無断でカットされたものがあったらしいが、未見。
ただ、前半部分は結構長いのでもうちょっと短くてもよかったのかなって気もする。

油田火災の消火のためにニトログリセリンを運ぶってお話。
はい、昔「冒険野郎マクガイバー」ってドラマあったけど、同じ話がある。
この映画が元ネタだったんだろうな~って思った。

おんぼろトラックでニトログリセリンを運ぶ緊張感がすごい。
最近の映画ってCGばかりだけど、昔はそんなもんなかったからね。火とか水とかやっぱ本物なんだよ。
だからこその緊張感ってあるよね。
運ぶところがやっぱメインだから、消火するシーンがないのよね。
ニトログリセリンを爆発させ、瞬間的に酸欠状態にして火を消すってことよ。
まあ、説明しなくても知ってるか。
(⌒▽⌒)アハハ!


映画館で観た映画

26本目 霊幻道士Q 大蛇道士の出現!

c4f4482f7315c58d.jpg
IMG_20181129_095833.jpg

まあなんだかんだ言って正統派シリーズ復活と書かれてたら見に行きますよ。
監督がリッキー・リュウで主演がチン・シュウホウですよ。
邦題がなんで霊幻道士Qなのかな?ってちょっと思ってたけど。日本では霊幻道士シリーズって8まで出てるんだった。
そんでこれが9作目ね。

霊幻道士→霊幻道士7ラスト・アクション・キョンシー→霊幻道士Q 大蛇道士の出現!
とまあ、シリーズ3作目。
以前弟子役だったチン・シュウホウが師匠役。まあしょうがない。ラム・チェンインもリッキー・ホイも亡くなったからね。
それにチン・シュウホウも55歳だからいつまでも弟子ってわけにいかないでしょ。
弟子の役名が以前と同じだから一応ストーリー的に続いてるんだろう。

とにかく全編通してゆるい。アクションシーンもいまいち切れがない。
動ける役者いないんじゃないの?ストーリーはどうでもいいです。
んで、CGとかもしょぼい。
とまあ、あまりのくだらなさに途中強烈に睡魔に襲われる。

あと1本見たかったんだけど、今日はもういいや。
後日見に行く。┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~


映画館で観た映画

25本目 サーチ

153460499488752776180.jpg
153460500495254625180.jpg


予告編でめっちゃ面白そうだったやつ。
すべてパソコンの画面をとらえた映像だけで進行していく。ある種実験的な映画。
それでもよくまとまっている。
ミステリー的な映画なのでとりあえず見て頂戴としか。

伏線の回収もよかったし、エンディングも後味悪くなく終わってよかった。
ちょっと前にみたSPL3とかめっちゃ後味悪かったから・・・……(-。-) ボソッ

それにしてもこのおとッつぁんはすごいな。よくそんなものに気がつくものだ。
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \


このカテゴリーに該当する記事はありません。
~たった30日で5キロやせた方法~シンデレラダイエット