独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
日々の出来事

四ツ玉

d452df5c.jpg

四ツ玉を購入した。5年ほど前にテンヨーの四つ玉を購入して見事に挫折した奇術である。今回購入したものは大きさは45mmとテンヨー製と同じだがシリコンで出来ているのでホールドしやすいだろう。
この奇術の原形は1875年にフランスのドコルダによって開発された。後にシカゴのオーガスト・ローターバーグから今の形のシェルを開発して爆発的に世界に広がったようです。
昔はステージマジシャンは四つ玉、クロースアップマジシャンはカップス&ボールスを学んだようだが最近はそうでもないようです。
こんなもの練習しても角度に弱いからあまり演じる機会もないだろう。通常の手順だとシェルを使うのだが、過去に2人、シェルを使わずに4つ玉の演技をしたマジシャンを見たことがある。ジェフ・マクブライドと劉世杰である。基本同じだが劉世杰の場合色違いのボールで途中ボールのカラーチェンジなどもあった。共通しているのはフラリッシュでミスディレクションをかけスチールしてくるというところだろう。
不思議さをいう意味ではシェルを使ったほうが不思議だが、マニアには受けるだろう。
マニピュレーションマジックで扱う道具は小さい。カード、ボール、シンブル、コイン。小さい道具でステージパフォーマンスが出来るのは魅力だがジャグリングに比べるとはるかに地味になる。
ジャグリングで使われるシリコンボールは69mm程度。ジャグリングをやりながらスチールすればボールが増える演技が出来るような気がする。しかし、4個ボールを投げながら、5個の増やしたとして観客が気付くかどうか。結局いつの間にか増えてるといった感じで不思議さはないだろう。コンタクトジャグリングをやる人が増えているが、増やす場合腰に大きな袋をぶら下げていたりして、そこから持ってきたのがバレバレです。スチールする瞬間が見えなくても結果的に種がばれてしまうパターンですね。
名前は忘れたが、76mmのアクリルボール3個と100mmのアクリルボールを1個スチールしたマジシャンを見たことがあるが、これは見事であった。100mmのアクリルボールをどうやって保持していたのかいまだにわからない。

芸のこと全般

リンキング・リング

小生、リンキングリングを始めて手にしたのは小学校の頃、阪神デパートで購入したテンヨー製のものである。最近テンヨーでチャイナ・リングを購入したが解説書の手順は当時と全く同じだった。解説書の手順が不十分であるゆえ、本やDVDで学ぶ必要がある。
ステージで扱う大きなリングは今まで10種類ほど購入したがいまだ一度もひと前で演じたことはない。ロック式があまりあてにならないので、結局オープンキーが一番使いやすいように思う。
小生が子供のころはやたら音を鳴らしながら演じる人もいたのだが、最近は音もなく繋がったり外れたりする演技が主流のようである。
江戸時代に日本で演じられていた金輪の曲はクローズド・キーが使われていたようだ。

金輪の曲はリンキング現象より、形作りがメインだったようで、不思議さはあまりなかったのかもしれない。
数年前に中国の年配マジシャンの演じるリンキングリングをみたが、やはり演技の多くは形作りであった。この演技が中国の伝統的な演技だと仮定すれば、昔日本で演じられていたものもこれに近かったのかもしれない。近年、和妻を演じるマジシャンでも形作りを中心とした金輪の曲を演じるマジシャンは見たことがない。

リンキング・リングの音は意外と大きく遠くまで響く。角度にも強く時間ももつので大道芸的といえる。
過去にみた最大本数は12本でリンキング現象のあと形作りをしていた。大抵の場合3本から6本であろう。
最近6本リングを見たが、ジェフ・マクブライドの手順がベースで演じられていた。ジェフの手順は6本繋がった時点で終わる。その後またバラバラにもどしたほうがリセットいらずで便利なのだが、実際の演技を見ていると6本繋がった時点で観客の関心がなくなってるようで、バラバラに戻す部分は全く反応がない。
繫げたリングはまたはずすものだと思っていたが、ステージマジシャンには意外と繫げたまま終わる人が多いのでもしかしたら、バラバラに戻す必要はないのかもしれない。

日々の出来事

幻の羊羹


小ざさの羊羹を頂きました。ひとり5本で、一日限定150本とか。夜中から並ばないと購入できない代物らしい。
わたしゃ、行列のできるお店にはまったく行きません・・・・・( ̄。 ̄ )ボソ...

1本580円らしいが、オークションでは1500円で売られてました・・・・・( ̄。 ̄ )ボソ...

そのお味は・・・

・・・普通。

甘すぎない分食べやすいかな・・・。

羊羹って普段食べないから味の違いがわからん・・・。

日々の出来事

台風








コンナ大きな木が倒れるなんて。


書籍・漫画

ソニーの電子書籍リーダー

タブレットは重いので持ち運びが不便。それに液晶で長時間読むと疲れるんです。
ソニーの電子書籍は電子ペーパーなので疲れない。バックライトがないので暗がりでは読めないが。
6インチの画面は通常の文庫より若干小さい。はじめからPDFで読むつもりだったからいささか不安もあった。
とりあえずPDF化した小説。

全く問題ない。漫画も読み仮名がつぶれることもあるがそれほど問題ない。

で、問題なのはA4サイズ

読めなくはないがちと辛いかな。でも横書きの場合、90度回転させて表示すればそれほど不便ではない。
しかーし縦書きのA4は読みにくいかも。
それにしても電子書籍一向に普及しませんな。
新聞とか週刊誌なんて使い捨てなんだから電子化したほうが資源の無駄使いしなくてよいのに。
それにしても日本は何でも高い。アメリカだと紙媒体の本の半値ぐらいで買えるのに、日本だと紙媒体も電子書籍も値段は殆ど同じ。どうかんがえても電子書籍のほうがコストかからんやろ。

芸のこと全般

拍手

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

映画、演劇、音楽、DVDなど

動かない蟻

久しぶりにライブを見に行った。
12年ぶりかな?昔はパナソニック・グローブ座でやっていたので歩いて見に行ったが劇場が変わったのと、ゴールデン・ウィークは仕事してるので見に行かなくなって久しい。
丸尾末広っぽいチラシだと思ったら、丸尾末広だった。とってもアングラな感じがします。
DVDだけは毎年購入していたが、やはり生はよい。演出家が変わったおかげか演劇っぽくなった。
単独したコントをつなげてストーリーを語る手法が今までとちがってよかった。
三木演出のころはすべてのコントがリンクする手法だったが、演出が変わってから単なる単独したコントの連続になってしまった。
相変わらず風刺の効いたネタでテレビでは地上波では放送できないだろう。今日本はおもちゃ箱をひっくり返したような状態なんですって。可愛くいうとそういうことね。「放射能つけたぞ」も早くもネタに取り入れられてた。
時事ネタが多いから数年後にみると風化してるんだろうな~。
今回のゲスト、荒川良々。ライアーゲームのときと同じで頭悪そうに見える。
中村有志は毎年出演しているから、メンバーみたいなものかな。
シティーボーイズの舞台に辺見えみりのように美人っぽい人は珍しい。
すでにおっさんを通り越して老人になりつつあるメンバーだから、若い出演者も必要だろう。若いといっても荒川良々は37歳。辺見えみりは35歳。
今後もこの蕩尽たちを見て活きたいと思う。



該当の記事は見つかりませんでした。