独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
芸のこと全般

「“上昇気流”とかけて“緊張しぃ”と解く

その心は・・・「あがってま~す」

最近の若い人は全然緊張しないらしいが、小生はすぐに緊張してしまう。
経験をつめば緊張しなくなるというもんでもない。キャリア30年のプロマジシャンの指が震えているのを見たことがある。こうなったら開き直るしかない。
緊張するのは現場がわからないからで、事前に細かくリサーチしておけば多少は緩和させる。
技術的な不安を解消するには練習しかないので、未完成な技をやるときは失敗したときのフォローも同時に考えておく。
しかーし、どんなに練習しても観客がどういった反応をするかわからないので新ネタをやるときは緊張するのだが、これは何度も人前で演じてなれるしかない。
過去の経験から言えるのだが、緊張で手が震えていても演技に支障がでることはあまりない。小さなミスをすることはあるが、大きなミスはないだろう。
人前で何度も演じることにより自信につながるのだが、いきすぎた自信は過信になり、このときに致命的なミスを犯すことがある。
完全にリラックスした状態は危険なので自身で警戒して、適度な緊張感を保つように心がけている。

芸のこと全般

コントラストが悪い

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

芸のこと全般

クライマックスとエンディングと

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

パフォーマンス見ました

久しぶりに大道芸を見た

最近は滅多に見なくなった。見るとお金払わないといけないので、その人にお金をあげてもいいかどうかが見る基準になっている。そのかわりお金を払った以上は客なので何を言ってもいいという上岡龍太郎スタイルであります。ヘブンアーティストに敬意をって一律千円入れれるよう多めにもっていきました。お金を取る以上は大道芸は商品だと思っている。

e9c9779f.jpg



今回目当てだったのが曲独の芸人さんで名前だけは聞いたことがある人でした。 まあ、面白くなかったです。振りゴマから始まって、刃渡り、末広、投げ独楽。扇子も刀も袋から出すのだが、演技終了後きっちり片付けます。ってことで非常に間延びするんです。興味の構築も出来ていないように思う。ひとつの演目が終わるたびに人が入れ替わるのは演出上の問題点であろう。最後は風車なのだが、「手拍子をお願いします」といってもどのテンポで手拍子していいのかまったく判らない。さらに曲がゆっくりした三味線なもんだから観客はついていけない。恐らく動きが早くなるにつれて手拍子も早くしてほしかったのだろう。とりあえず投げ銭入れて帰ろうとしたところ、エスターのような服を着て歩いている人が居た。恐らくマジシャンであろう。ランスバートンの葉から引用。「もっとも大切なのはコスチューム。そして雰囲気を登場前から作ってしまうこと。」 演技前から衣装で興味を惹いていた点では文句なしかもしれない。恐らく相当経験のある人だろう。セットされた道具に無駄がなく、スーツケースにも布をかぶせ全体の雰囲気を損なわないようにしているのは見習うべき点であろう。演技もシルクや花を使って結構綺麗だし、観客の扱いも丁寧であったが、悲しいぐらい観客がいない。シルクをたたむのにいったいどれぐらいの時間がかかるのだろう?30分に満たないショーであったとしても準備に数時間はかかっているだろう。あの環境でやらせるのはあまりにも過酷だろう。その人にも投げ銭入れて帰ったのだが、全然人の集まっていない状態でもやり続けなければならない状態をみると、なんもやるせない気持ちになってしまった。

お奇術

カードマニピュレーション

随分前だがカードマニピュレーションの練習をしていたことがある。
昔、舞台でショーをやるときはファンカード~ミリオンカード~デミニッシングカードといった手順でやっていたのだが、いつの間にかやらなくなってしまった。
最近大道芸でミリオンカードをやっているのを見たが、非奇術人にとってはやはり不思議な現象なようだ。
角度に弱いが、テクニックだけの演目だけに横の人はむつかしさが伝わればいいらしい。
久しぶりに練習してみようかと思ったがカードがどこにも見当たらない。ファンカードだけは6個残っていたが、使わなくなった道具はすぐに処分してしまうゆえ、ミリオンカードはどこにもなかった。数年前までは大量にあったはずだが。

早速取り寄せしてみる。

バーネット製は2種類でていたので両方買ってみた。ジェフ・マクブライドがいつの間にか新しいデザインのカードをだしていたのでついでに購入。これめちゃ高い。普通のカードの2倍の値段がする。
(何時の写真なんだか・・・)

高いだけあって紙質はよい。以前ウィザードが発売してたカードと同じような感じだ。ジェフの場合、クロースアップもこれと同じデザインのカードを使っていたが、どう考えても不向きだろう。薄いのはミリオンカード用、通常の厚みのカードはシューティング用に使うべきだろう。
上手い人のカードを使えば上手にできるなら何の苦労もないわけで、結局相当練習しない限りできるようにならない。小生が出来るのはファン出しと1枚出しだけ・・・。口から出すオチのために少し練習したというのが正しいだろう。
80159ebe.gif


王璐はカードマニピュレーションの手順を作るのに4年かかったらしいが、それぐらい難しいのである。
しかも、小生の場合演じる機会が全くと言っていいほどなかった。
さらにこの奇術、部屋が散らかるんです。シューティングをやろうものなら部屋中カードだらけになるんだな。
舞台でスタッフが片付けてくれるならいいが、自分でカードを集めてる姿はとことん格好悪い。
そういった理由から完全に手順から外したが、舞台をやる機会があればまた手順に加えようと思っている。c774b97e.jpg

最近、ジェフ・マクブライドの師匠のジェフ・シェリダンがカードマニピュレーションのDVDをだしたようだ。5年前なら買っていたかもしれない。ジェフ・シェリダンはストリートマジックをやってるはずなのだが、実際にストリートの映像は見たことがない。過去にL&Lから発売されたストリートマジックのDVDもきっちりスタジオで実演しておりました。

芸のこと全般

らかん果

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

芸のこと全般

曲がれ

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

該当の記事は見つかりませんでした。