独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
芸のこと全般

「“上昇気流”とかけて“緊張しぃ”と解く

その心は・・・「あがってま~す」

最近の若い人は全然緊張しないらしいが、小生はすぐに緊張してしまう。
経験をつめば緊張しなくなるというもんでもない。キャリア30年のプロマジシャンの指が震えているのを見たことがある。こうなったら開き直るしかない。
緊張するのは現場がわからないからで、事前に細かくリサーチしておけば多少は緩和させる。
技術的な不安を解消するには練習しかないので、未完成な技をやるときは失敗したときのフォローも同時に考えておく。
しかーし、どんなに練習しても観客がどういった反応をするかわからないので新ネタをやるときは緊張するのだが、これは何度も人前で演じてなれるしかない。
過去の経験から言えるのだが、緊張で手が震えていても演技に支障がでることはあまりない。小さなミスをすることはあるが、大きなミスはないだろう。
人前で何度も演じることにより自信につながるのだが、いきすぎた自信は過信になり、このときに致命的なミスを犯すことがある。
完全にリラックスした状態は危険なので自身で警戒して、適度な緊張感を保つように心がけている。

該当の記事は見つかりませんでした。
~たった30日で5キロやせた方法~シンデレラダイエット