独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
写真ぶろぐ

2012年の動画をまとめました。

初めての場所でうまくいくことってあまりない。
いや、記憶する限りまったくないに等しい。
cf1381b5.jpg



やってる演目はいつも同じなのに、何か違うのね。


では2012年の動画をどうぞ。
こうやって見ると、やっぱり同じことばっかりやってるのよ。
大人になると毎日同じことの繰り返し・・・

映画館で観た洋画

エクスペンダブルズ2を見てきた

82e9c167.jpg


前作がとことんつまらなかったのでまったく期待していなかったが、今回はそれなりに面白かった。
なんでだろう?内容の薄いのは同じなんだけど。

出演者が多すぎて、どうしても無理が多い。シュワルツェネッガーの出演シーンはほとんどギャグ。
ジェット・リーはオープニングにちょっとでただけでその後出番なし。
主人公がピンチに陥ったとき、なぜかタイミングよくチャック・ノリスやシュワルツェネッガーが登場。
危機をどう乗り切るかを見たいんですけど・・……(-。-) ボソッ
目の前の敵をひたすら殺し続ける映画。それだけです。
それでも前作よりはそれぞれのキャラは立ってる気はする。しかし、おっさんばっかり。チャック・ノリスはおじいちゃんか。若いスターおらんのか?
ヒロインは中国人のあまり可愛くない、余男。これが白人の美人だとおっさんたちが霞んじゃうからアジア人なのかな。
すでに「エクスペンダブルズ3」の製作が決まってるようです。今度はニコラス・ケイジやイーストウッドがでるってうわさもあるが。出演者だけが豪華でも中身がないからな~。公開されたらまた見にいくんだろうな。
また同じ内容の映画だったといってるのだろう。

芸のこと全般

芸術にあらず・・・

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

芸のこと全般

一般の人はそれほど芸に興味を持っていないという悲しい現実

長年大道芸なぞやってきたが、最近何をやればいいのか判らなくなってきている。
とかくパフォーマーは自分が興味のあるものは周りの人も興味を持っていると勘違いしています。

26bcb6a1.jpg

ジャグラーがジャグリングをやろうとも、往来を歩く人はそれほどジャグリングに興味を持っていない。
実際に投げたボールの数などオーディエンスは覚えていない。
マジシャンがトランプを当てようとも、覚えたカードに興味を持っていない。
観客がカードを忘れることが意外と多い。
往来を歩くノンオーディエンスが何故オーディエンスになるのか?
それってなんとなく面白そうなことをしてくれそうだから、楽しそうだからって言う単純な理由なのではなかろうか?観客に興味を持ってもらうためあらゆる手段を使うのです。観客は少し立ち止まって見て、品定めをして面白くなければとっとと帰る。なんともシビアです。
大道芸って人集まらないのが普通なんだろうね。
パフォーマーが自分に焦点を合わせて、自分のやりたいことだけをやってると、共感できる僅かな人しか見ないんですよ。
観客に焦点をあて、観客と上手にコミュニケーションをとり、観客の潜在的な欲求に答えるのがよりよい形なのかな。

町田での一コマ
a191f3b1.jpg


妖術秘伝鬼打鬼の一コマ
77cea7b6.jpg

芸のこと全般

とことん人が集まらず、盛り上がらず・・・

早い時間のほうが人は集まりやすいのだろうか?皆さんがそのようにおっしゃっております。

小生、本日3時20分にスタートしたのだが、とことん人が集まらず、しかも盛り上がらない。
人が集まらないときにどうするべきなのでしょうか?

1.それでも集めて盛り上がるよう努力する。
2.自分のペースでいつもどおり淡々をショーをこなす。
3.諦めて途中でやめる。あるいはいきなり最後の芸をやり次にかける


昔よく一緒に行動していたミュージシャンに言われたことがある。
「パフォーマーの方はどんなに人が集まらなくてだめな状態でも、最後にはある程度形をつくっている。ミュージシャンは最初に集まらなければ集まらないまま終わってしまう。」

小生と同じころ活動していたパフォーマーはそうかもしれない。しかし最近のパフォーマーを見ると人が居ないまま終わることもしばしばある。
小生の場合だいたい1を選択しているが、最近は2の人が多いように思う。
別にどれが正解というわけでもないのですが、やはり集めれないときのほうが悔しいのでショーは長くなってしまうのです。まあ、それも限度があって途中で嫌になってやめちゃうこともたまにあるのだが。
人が居ても居なくても同じように出来る人が一番メンタル面が強いように思う。

人が少なく反応の薄いときというのは莫大なエネルギーを使い普段より疲れます。しかも悲しいことにたいていの場合報われずに終わるのです。
しかーし、最初にどうしようもないと思いながらも最後には盛り上がっていい感じで終われるときというのは一種の快感である。まったく無反応だった観客の反応が少しずつ良くなっていくのはやっていて面白い。
本日久しぶりにそういったショーができた。


さて、話は変わるが使わなくなった道具を売って欲しいという人がたまにいる。
小生、中古品を買うことはあまりないと思っていたが、よくよく考えると今愛用してるこの独楽はジャグラーの斉藤英祐氏に譲っていただいたものだった。実は心棒がものすごく曲がっていて調整するのに3時間ほどかかって・・・・( ̄o ̄;)ボソッ
b5a7565b.jpg


ということで小生が使わなくなった道具はここにアップしときます。やらない人にとっては無価値なのでお求めにならないように。

パフォーマンス見ました

明治のマジックショー

松旭斎天一没後100年記念だそうです。
6e093f23.jpg


前半が西洋奇術で後半が日本の手妻でございます。

  bee4464e.jpg


前半部分はタンバリンが一番よかったかな。やはり水が出てくるのは不思議です。
小生が子供のころ、テレビで見るマジックは今と違いステージマジックばかりでした。鳩や手品用の花を使った演目は懐かしい感じがしました。

cb860a5e.jpg


七変化は才能あふれる若者が演じておりました。
水芸初めてみたが綺麗です。舞台を水浸しにするのでダイヘンでしょうね~。
今の時代モーターやポンプがあるから不思議じゃないって言いますが、不思議なんですけど。
水芸は不思議さはどうでもいいらしく、前半部分が俗世で後半部分が天国の世界を表現しているらしいです。
最近ネット上で探せばたいていのものは見れますが、やはり生で見るとぜんぜん違います。

小生、初見の演技は何も考えずに見るようにしている。まあ、見ながらいろいろ考えることもあるがメモをとりながら見るようなことはしない。
何時間かしたのち、演技を思い出し印象に残ってた部分や感想をメモしておくのがよい。何度も見てると初めて見たときの事を忘れてしまうし、より深い知識を身につけると、一般の観客目線から遠く離れてしまうんです。


芸のこと全般

自転車で日暮里まで行くと少々お疲れです。

本当は秋葉原で買い物してから日暮里に行く予定が、なぜか上野についてしまった。
せっかくなので上野で大道芸を見てから日暮里に行くことにする。
しかし、行きはよいが帰りはつらい。自転車を置いて電車で帰りたくなった。

TOKYO雑技京劇団がやっていた。

臺回し。これ面白いよね。これやってる人みんな禿げてるんだよね。この人も歳を取ったら・・・
ちなみにBGMは将軍令でした。

変面。
中国の国家機密って聞いたけど、今は普通にマジックショップで売ってるんですよね。
ac445e90.jpg



京劇。
実は京劇は見たことがない。今度中国行ったら見てみようかな。京劇って字幕あるのかな?
北京で見た功夫傅奇は英語字幕だった。

最後は軟体術。日本人で軟体やってる人あまりいない。教えれる人が居ないというのが正しいのかな?
ところで、ヘブンアーティストってほとんどが西洋の真似事の芸ばかりなんですが、この人たちって自分の国の伝統芸やってるんですよね。悲しいかな、優れた芸を見ても価値を見出せない人が多いようです。

偉そうなことを言っておいてなんだが、小生も日本の伝統芸能はぜんぜん理解できていない。
いろんな現場でかっぽれを見たが面白いと思ったことは一度もない。
先日日本の芸を見る機会があった。

日本の金輪の曲は始めてみた。歌を歌いながら色んな形をつくります。

薩摩琵琶。正直辛かった。歌詞の意味をしっかり理解できたらもうちょっと楽しめたかもしれない。
イヤホンガイドが欲しいところです。

ガマの油売り。口上芸もつまらないと思ってたが、それは単につまらない口上芸しか見たことがなかっただけでした。演じる人が変われば面白くなる。

軽業。一番盛り上がっていたが当たり前。この人洋物の大道芸やってたのを和風にアレンジしただけ。
伝統芸といえるかどうかわからないが、昔は日本の綱渡りは世界のトップクラスだったと聞く。

藤山新太郎先生は夫婦引出とサムタイを演じておられました。
生で見たのは初めてなのですが、不思議です。
でも地味なんです。大舞台に耐えれる日本の芸ってないのだろうか?
深く演技を見ると細かい表現まで楽しめるのが日本の芸だとさ。

該当の記事は見つかりませんでした。