独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
お奇術

カードマニピュレーションについて デミニッシングカード

小生がカードマニピュレーションに興味を持ったのは、ビル・マローンのカードfromマウスがきっかけである。
クロースアップでランニングギャグとして使ったのがビルマローンです。
そのやり方がマーク・イエガーのレクチャーノートやビデオで解説されました。クロースアップであれば、この後アンビシャスをやったりできるのだが、ステージだと本当に一発ネタで終わってしまう。
そこである程度の手順が作れるようカードマニピュレーションに興味をもった。
今でこそクロースアップでやる人も多いが、カードフロムマウスはもともとステージマジシャンがミリオンカードのオチとして使っていた。誰の考案なのかはわからないが古典である。

ミリオンカードがとてつもなく難しいので、電気デック、ファンカード、デミニッシングカードなどを使って3分ぐらいの手順で演じた。難しいミリオンカードをやらなくてもとりあえずステージで演じることは出来る。
電気デックは種明かしして笑いを取るといった感じで、ファンカードの後に口からカードをだし、最後はデミニッシングカードといった感じである。最近は電気デックはやっていない。小生がやると、どういうわけか他の人より受けていない気がするのでやめた。

ファン・カード デミニッシング・カード from ganbare takoyakichan on Vimeo.

これはファンカードとデミニッシングカードだけだがそれでも2分ぐらいの長さになる。改めてみてみるともう少しゆっくり演じてよかったようにおもう。本番はどうしても練習よりテンポが速くなってしまう。
デミニッシングカードは別にギミックを使わなくても出来るが、ギミックを使ったほうがやはりウケはよい。サロンぐらいの小さい場所だと特にお勧めできる。地味だがカードが消えて終わるので次の演技に移りやすい。余談だが、トミーワンダーのデミニッシングカードは持ってるカードが少しずつ小さくなっていく。どこにも売られていないので作るしかないが、ものすごく不思議だった。

以前、ミリオンカードは手練が一番いいといった気がするが、それだけだと地味になるのでギミックも併用してよいと思う。

結局使う道具が小さいので大きなステージでどう演じるか考えてしまう。人によってはカードシューティングなど行うが、後片付けが大変なのでこれ少し練習してやめた。ジャンボカードでやる兵もいるがとてつもなく難しい。


いろんな人のビデオを見たがものすごく難しいテクニックで演じたあとに、噴水カードやジャンボファンなどをやっている。結局最後はギミックに頼ったほうが派手で見栄えがよい。
最近、噴水カードを買おうか迷っている。小生の場合ショーのオープニングでカードマニピュレーションをやるので噴水カードを使おうものならその後の演技はすべてカードの散らかった舞台でやることになる。

使いどころを考えるとやはり必要ないのかな。

お奇術

ミリオンカードは手練に勝るものはないのかな?

DPグループの樂々ミリオンカードを買って見る。


動画で見るとちょっと不思議だったんだよね。それにお値段も安いし。
なるほど、バックパームを補助する器具がはいっておった。ファンカードの演技のあとそのままミリオンカードをやろうとするとちょっと難しいね。こんなの使うぐらいなら、普通に練習したほうがいいね。1枚だしだけなら半年ぐらい練習すれば出来るようになるし。
ファンカードのデザインはなかなかに面白いが、特殊加工で綺麗に開くという宣伝はいかん。全くひらかない。ファンニングパウダーが必要。もしくはロウ加工しなくては。


これもってないけど、捨てるところ見せれないでしょ。同じカードしか出てこないし。
やっぱり簡単に出来る方法って無いみたいね。

日本だとミリオンカードだけど、海外だとCard Manipulationって言うのよ。
他の奇術だとギミックを使うことによってよりクリーンにより簡単に出来たりするけど、ミリオンカードに関しては手練に勝るものはないのかな。

お奇術

カード・マニピュレーションについて ミリオンカード

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

お奇術

カード・マニピュレーションについて ファンカード

ファンカードをやる人があまり居ないように思う。
少なくとも小生の周りには居ない。でもこれ簡単で綺麗でとてもいいんですよ。
ミリオンカードって年単位の練習が必要になるけど、ファンカードはすぐにできるようになります。
ミリオンカードの演技とファンカードの演技の両方をやるなら、薄手のほうがいいかもしれないが、ファンカードだけをやるなら普通の厚みのもののほうがやりやすい。
ウィンドミルのファンデックはまだ店によっては残っているので、無くなる前に購入しておきたい。
67abbadd.jpg


ファンカードは購入したままだと綺麗に開かない。
ロウ、もしくはファンニングパウダーを使ってファン加工しなければならない。
それぞれに一長一短があるのでどちらがいいとはいえない。

ロウ
デメリット
・加工に手間がかかる。
・汚れやすい
・低温下では固まり綺麗に開かなくなる。
メリット
・粘り気があり、ファンが綺麗に広がる
・一度加工すると結構長持ちする
・ロウはコンビにでも100円ショップでも買える。

ファンニング・パウダー
デメリット
・加工しても長持ちしない
・やはりロウのほうが綺麗に開く
・パウダーは有害なので吸ってはいけない
メリット
・加工が簡単
・温度は関係ない

小生はファンニングパウダーを使っているが、ロウ加工のほうがお勧めできる。
以前はロウを使っていたが、冬場は全く開かなくなるのと、メンテナンスが非常に手間取るためやめた。
ロウを塗りなおす場合、一度すべて落としてから塗りなおします。綺麗に塗ると水にぬれても問題ありません。

ファンカードそのものは別に手品ではないと思うが、自分でやっていて綺麗に開くと結構楽しい。
オチで口から出しておけば、人前で演じれるだろう。

お奇術

カードマニピュレーションについて

小生、一番好きなカードマジックはやはりカードマニピュレーションです。
やっぱりマジシャンをなのるならカードマニピュレーションは出来るようになっていて欲しい。

カードマニピュレーションが出来れば、いいことがいっぱいあります。
・道具がコンパクトである程度の長さが演じれる
・デック一組なら準備不要でできる。
・サロンでもステージでも環境に関係なくできる。
・マジシャンに自慢できる。

とまあ、大いにメリットがあります。

えっ、たいしたメリットじゃないって?
いえいえ、十分やる意義があります。

これを読んで興味を持った人はたぶん居ないだろうが、技法を学ぶならジェフ・マクブライドのDVDがよろしい。
小生が買ったころは日本語字幕なんてなかったのですが、いい時代になったものです。

芸のこと全般

文字で書くと全くまとまってないかもしれない。

自分のパフォーマンスを一切見ない人って結構いるのでしょうか?

日々の出来事

ウルトラマン o(o|o)/ って偉そうだね

小田急百貨店でウルトラマンワールド展をやっていた。
食事に行こうとしたらたまたま見かけたのよ。
ほんと偶然。
小生、決して特撮マニアではございません。
fee6cfd3.jpg




このポスターの真ん中のウルトラマン o(o|o)/ って誰?
平成ウルトラマン o(o|o)/ 全然わからん。
最近のウルトラマンでも仮面ライダーでも昔の人がいっぱいでるのよ。ウルトラマンは親子3代で楽しめるらしい。


d(^-^)ネ!
なんか偉そうでしょ。



年末にウルトラセブンがHDリマスターで放送されるでしょ。ッてことは、ついにblu-ray化されるのかな?
小生、アナログ特撮の時代ですからやはり80までかな。CGで作るより、クラウドタンクでモコモコして頂戴。
特撮と時代劇はフィルムで撮影したほうがいいのでは・・……(-。-) ボソッ
それほど詳しくないのであまり語りません。

19997bd5.jpg

肝心のお食事ですが、味が少しケインでして。
濃すぎというやつです。

該当の記事は見つかりませんでした。