独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
芸のこと全般

特にタイトルは思いつかないが適当に書いておく。

先日、大道芸人を目指している高校生とであった。プロの芸人といってもたいした技術がいるものではない。
今まで30分以上のショーの依頼というのは経験がない。20分とか15分とかならあるが、1時間やって欲しいとかはまずない。それが1日2回程度か。ようは30分のショーさえ出来れば何とかなるってことでして。
それでもジャグリングだとそれなりに練習が必要だが、マジックやバルーンをやればそれこそ数ヶ月練習すればそれぐらいの時間を持たせることぐらいできるだろう。
あとは経験さえつめば自然と上手くなっていくもので、2,3年あればある程度ショーは固まってくる。
15年ほど前は日本にもジャグラーは少なかった。ジャグリングショップが国内になかったのでやりたい人は輸入せざるを得なかった。イベント会社も昔はジャグラーを探すのに苦労したという。それが今じゃ掃いて捨てるほどジャグラーがいるわけだから、これからジャグラーを目指す人は大変だ。いや、現在ジャグラーやってる人も同様かな。後ろからどんどん追いかけられるわけだから。

風船なんかだと比較的楽かもしれない。子供向けで風船を希望する声は未だにたくさんあるわけでして。
小生も最近めっきり風船はつくらなくなったが、昔は風船の仕事とかあった。ショーと風船配りとか。
コンサート会場の入り口でやったことがあった。BIRDのライブで、BIRDの曲を使ってショーをやって欲しいとかでCDも4枚もらった。なんか、祭りのような雰囲気をだしたいからってことだったが、入場前の客が大道芸など見るわけもなく整列して開場をまってるわけです。何もやらないわけにいかないのでひたすら風船を作った。その後会場内でも風船を作ってライブが始まると終わり。風船があったからまだ良かったのかもしれない。
ジャグリングだけだとひたすら練習風景を見せて終わるという悲しい結果になっただろう。
見る人がいない現場が一番つらいんですよ。

ジャグリング

びーんばっぐ

超久しぶりにボールを買う。最近年に1回ぐらいしかボールやらないからどんどん下手になっちゃって。
ジャグリングやってて5個ボールできないって、超根性無しと思われちゃうでしょ。
大道芸始めたころは一応ボールもやってたんですよ。最初の1年ぐらいはね。それ以降はグローボールしかやらなくなった。それでもナイトパフォーマンスやってた頃はよかったけど、最近は本当にボールを触らなくなっちゃいまして。
少し練習すればすぐに勘が戻ると思っていたが、全然だめ。めちゃ下手になってます。
本当はシリコンボール使いたいのですが、なんせ下手なもので・・・
ロシアンボールは論外。軽いし樂だけどこれになれると普通のボール使えなくなっちゃうのよ。

RIYOURI

カレー風呂

88457d24.jpg

もう少し丁寧に作ればよかった。

以上。

芸のこと全般

高組


綱渡りは印度で発祥し、中国から日本に伝えられた。「和漢三才図会」には二本綱を歩く絵が描かれていた。
これが一本綱に進歩したのは、元文二年(1737)年かららしい。

1本のほうが難しいのだろうか?二本なら二本の難しさがあるように思う。


最近流行のスラックラインは綱渡りをトランポリンを足したスポーツでして。見た目以上に疲れる。
小生、昔一度だけワイヤーを張った綱渡りをしたことがあるが、スラックラインのほうが難しいように感じる。


こんなの見つけました

スラックエフアールのプリミティブキット

4a814e3a.jpg

プリミティブキット

日本で買うと弐萬ぐらいするのでフランスから輸入。伍仟圓ぐらいしか安くならない。3日から4日ほどで届く。
英語の解説書ついてます。
主流は5cm幅のラチェット式なんですが、どうにも好きになれない。5cmでも2,5cmでも難易度は殆ど変わらない。でも5cm幅だと簡単に出来そうに見える。
ラチェット使わないから軽いがラインをしっかり張ることは出来ないのでゆるゆる。とてつもなく揺れる。
もうちょっと簡単に出来ると思っていたが思いのほか上達しない。


これだともっとお手軽。てか、高いライン買う必要ないやんけ。
しかし、眉毛が太い・・……(-。-) ボソッ

8ba7e0d9.jpg

距離が長いととことん難しい。かといって都合のいい距離に木がないし。

日々の出来事

都会に住むと便利な反面、出来ないことも多い。

 その昔、代々木公園で練習していたころのことです。知る人ぞ知る大道芸人が木にロープを巻いて綱渡りの練習をしていた。木が痛むとか言われてしょっちゅう怒られていたとか。
 最近はスポーツとしてやる人が増えたが、木が傷まないようにツリーウェアを巻いて設置しても怒られる。痛むとかどうとかでなく、理解が無いだけの話である。
 大きな公園なんかで練習していると大抵は警備員が回ってきて注意される。少し前までは夜間に警備員が回ってくることなんて無かった。ここ、5,6年のことだろう。公園でジャグリングの練習をしていて警察に通報されたことがあった。なんとも住みにくい世の中になったな~と思う。
 庭付きの家なんかだと思う存分練習できるのだろう。新宿ってどこにいっても人がいて練習場所を探すだけで苦労する。何故って人前で練習したくないでしょ。

2bd5ddc8.jpg

お奇術

ナイルの砂





舞台で見たとき、超不思議だった。早速道具を注文したが、結局面倒なのでやめちゃった。技術的には簡単なんだけどね。メンテナンスとかが何かと面倒。使い捨てでステージ汚したい放題の人がいいですわね。
十分とりネタで使えるだろうね。

該当の記事は見つかりませんでした。