独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
パフォーマンス見ました

FEEL

6時55分に会場につく。いつも時間通り始まるのだが、開始が7時20分。山手線が遅れたかららしい。
小生自転車で行くので全く関係ないが。
前座はツイスティングエーセスのレクチャーとダイスボックス、バースディサプライズ。それから女性マジシャンのフラワールーティン。
いよいよFEELの登場である。実は全く知らなかった。予備知識無く見たがとても良かった。
オープニングルーティンは鳩~グラス~ボトルのプロダクション。ミリオンカード。
タップダンスを組み合わせたマイザーズドリーム、
ダンシングケーン。それから塩。フレッドカップスがやってたやつ。
あとは浮遊とエスケープ。
ワインにカードが貫通するやつとか。新聞紙の復活は失敗してたけど。
衣装、音楽、照明、小道具、など細かい部分まで行き届いたショーである。お金を取れるショーとはこういうものなのだろうと思う。
クラシカルなものばかりである。
第二部はレクチャー。塩と割り箸バニッシュと、割り箸袋の復活。
今回は非常に満足いく内容であった。


24cf3060.jpg

芸のこと全般

一輪車の飛び乗りのこと

昔、中国の一輪車芸人の演技をみた。一輪車の高さは約7フィートだろう。ステップを駆け上がり飛び乗る。
そのとき調子が悪かったのか一向に乗れない。最初笑いながら見ていた相方の芸人もあまりの乗れなさに不安げな表情になり、中国語で会話をしていた。
時間は計っていないが20分近くかかっていたように思う。体感だから実際はもう少し短いかもしれない。
乗ってからは得意満面に演技を終了したが、その半年後別の場所で見かけたときは脚立を使って乗っていた。
数年後に見かけたときにはまた飛び乗りしていたのだが、スランプというものなのだろうか?

小生、一輪車に乗るときわざと失敗していると思っている人もいるようだが、そんな余裕はさらさらない。
飛び乗りの練習は殆どしていない。というのは練習で膝を痛めたからだ。それほど高くないとはいえ、乗れないときは何十回と飛び降り続けるわけだから当然負担がかかる。
本番で3回やって乗れないときは諦める。先の中国人の例もあるが、とことん乗れなくなることがあるので無理はしない。
だいたい月に1~2回乗れないときがある。そういうショーを見れたらラッキーです。

fc55e344.gif

お奇術

ファンカード

あるところにはあるんだな。色彩のワルツを1ダース買う。
探すと結構手に入る。
6e01e379.jpg

何年使えるかな?3年は持つだろう。ってことは36年分。もう買う必要ないかもね。
7e7eb3e1.jpg


これは送料を無料にするために購入。
56244949.jpg


ファンカードあんまり売ってないんですよ。売れないから作っていないというほうが正しい。

該当の記事は見つかりませんでした。
~たった30日で5キロやせた方法~シンデレラダイエット