独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
ジャグリング

ディアボロ 輪鼓 扯鈴

shd.jpg
小生のトランクからついにディアボロが消えたと。黒のトランクには入れっぱなしになってるけどね。
めったに演じなくなったんで要らないかなと思いつつ、いつも持ち歩いていた。
ある日、ショーの最中にディアボロのスティックを折った芸人に貸してくれと言われた。ジャグリングをやる人は全員ディアボロ持ってると思ってるんだろうな。持ってたけどね。
最近ディアボロで人がバラけることが多くなったように思う。とにもかくにもまったくもって珍しくなくなってしまった。ディアボロとデビルスティックを出して、どちらが見たいかアンケートをとったことがあるが、ほとんどの人がデビルスティックと答えた。もうディアボロって飽きられてるのかと感じた瞬間であった。

話は少し昔にさかのぼるが、室町時代に辻放下で輪鼓は演じられていた。輪鼓はリュウゴとよみ、竜子はその当て字だそうだ。
記録によると二人で輪鼓を演じていたらしい。片方が投げ、もう片方が受け取り、さまざまな曲を演じたとか。詳しい技の記録はないので不明だが、一昔前の扯鈴の技がそれに近いと想像する。おそらく1個だけであろう。2個まわしたという記録は読んだことがない。
放下師がこの輪鼓を着物の模様としていたところから、放下師にとっては代表的な演目であったのだろう。今で言うマジシャンがトランプ柄のネクタイを絞めてるようなものだろう。

ディアボロが結構飽きられてると感じてる芸人もいるが、その反面ディアボロをメインにしてうまくやってる人もいるわけだから、一概には言えないだろう。ディアボロに変わる演目はないのかなと考えているがなかなかあるもんじゃない。とりあえずトランクの空いた部分には投げ独楽を入れてあるが、演技としては30秒しか持たない。ディアボロってダイナミックで時間も持つし結構いい演目なんだなと改めて思う。yjimage.jpg
untitled.jpg
REN.jpg

ジャグリング

歴史は知らず

昔は道具を最低3セットは用意していた。練習用と室内用と屋外用と。
最低ってことで実際は5セットぐらいあったがさすがに置き場所に困るようになりどんどん処分していった。それでもやっぱり2セットぐらいは必要だなと思う今日この頃。
19日に注文していたクラブが届く。

DSCN0112.jpg
( ̄ー ̄?).....??アレ??注文したのは4本のはず。
DSCN0113.jpg

うん。確かに4本だ。1本はクリスマスプレゼントかな?

毎度のことながら本もいただく。

DSCN0114.jpg
DSCN0115.jpg
当然のことながら読めない。英語出来ないって芸人として致命的だよね。
スキャナでとりこんでOCR化して翻訳ソフト使えば多少は読めるだろうか?
日本語版を出してくれればいいんだけどね。こういうものに興味ある人があまりいない。

海外のレクチャーDVDとかみると、歴史的背景とか語られてるが、日本のものではあまりそういう部分が語られていない。

小生ジャグリングは詳しくない。サイトスワップすら知らない。こんなことではジャグラー三角、いや失格だ。
そういえば、マジックバルーンの歴史も全然しらない。誰が始めたのだろうか?

写真ぶろぐ

生ものをたくさんいただきました








かの有名な藤本さんと同じ現場でしたとさ。

映画館でみたアジア映画

ステージの魔物

ステージには魔物が取り付いている。
想定外のことが起こるのがステージショーである。いかにしてリカバリーをして魔物を取り除くかって。


曲芸の場合ドロップしちゃうから誰の目に見ても失敗なんですよ。それでも何とかリカバリーせねばならんのよ。

芸のこと全般

やっぱりジャグラーさんか・・・

小生、自称マジシャンだけど、人から見ると十分ジャグラーみたいね。
ジャグリングよりマジックのほうが長くやってるんですけど・・・。
ショーの中でジャグリングらしいジャグリングは殆どやってないんですけど。

さて、少々古いお話なのですが、明治時代のことです。
西洋のスライハンドマジックが日本に伝わったのがこの頃です。ミリオンカードや四つ玉などの手練奇術のことです。
この時代、スライハンドのことをジャグラーと呼んでいた。今でこそジャグラーは曲芸のことをさすが、19世紀には曲芸と奇術の明確な区別はなかった。
両方演じる人も多かったとか。
小生、仕掛けの無い道具でテクニックで演じるものを好む傾向にある。そういう意味ではやっぱりジャグラーなんだろう。


芸のこと全般

1511000_240648989437575_1473302033_n.jpg


ずいぶん前だがステージマジックにおける型について聞いたことがある。
オープニングルーティン。BGMに合わせて喋らずに演技。プロダクションなど、派手なもの。
ミドルルーティン。喋りながら演じる手順。観客を舞台に上げたりもする。
最後はまた喋らずにマニピュレーションなどを演じる。あるいはイリュージョンなど。
大まかにこんな感じだとか。
実際にステージショーを見に行くとこういう構成は多い。
小生特別意識していたわけではないが、ステージでのオープングは喋らないでやっていた。ステージだとたいてい紹介されて拍手で舞台に上がるわけだから喋らないほうがやりやすい気がする。
ショーのエンディングは派手にやることが多いが、粋な終わり方をしたほうが心に残るような気がする。

芸のこと全般

トランクのこと

小生、ずっと既製品を使っていたのだが、最近ようやくオーダーメイドもいいなと思うようになった。
ジャグラーさんは皆作っているが、営業マジシャンは普通のスーツケースを使ってる人も多い。
いろいろなショーを見たが、ステージにスーツケースを置くマジシャンは居ない。専用のテーブルを組み立てて、演目によって舞台転換したりと余計なものはステージにない。ジャグラーのステージでもトランクを置いてあるケースは稀である。
ステージパフォーマーにとっては道具を運搬するだけのものだが、大道芸人にとってはステージ上に置く小道具と同様なんだと気付く。そういうことなら舞台に旅行用のスーツケースじゃ格好つかないもんね。
過酷な使用を強いられるわけだからハードケースでないともたないし。

752cc446.gif

これ以前買ったやつだけどとことん作りが悪い。170ドルという価格を考えればそんなものだろう。
オーダーだと好きな色で作ったり、印刷してもらったりもできるから1台ぐらい作っておいてもいいかもね。

該当の記事は見つかりませんでした。