独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
書籍・漫画

江戸の・・・


スイス人時計商エメェ・アンベールの記述がある。オールコック、シュリーマンと幕末に日本に来た外国人の記述には曲独楽の演技が詳細に述べられている。
それだけに外国人にとって曲独楽は魅力的な演目だったのだろう。
江戸時代、曲独楽の演目は100種類ほどあったらしいがその殆どは失われている。文献や錦絵で或る程度演目の想像はする。
見世物-0070

蝋燭の炎の上で回ったり、筆の上で回るのは或る程度想像がつく。しかし、心棒から水が噴出すのはどういうからくりだったのだろうか?中空の心棒だったのか?
当時大人気だった竹澤藤治の演目には四谷怪談や九尾狐があったとか。怪談話に曲独楽がどういう風にからんでいたのか想像できない。


江戸大道芸事典という本がある。図版とともに380種類もの大道芸を解説している。今まで知らなかった世界がどんどん入ってくるというのは面白い。
勉強とは本来面白いものなのだろう。
曲芸の錦絵もたくさん残っているが具体的にどのような技をやっていたのかはあまりわからない。
たかだか150年前のことなのに失われたものが多すぎるのではないだろうか。

独楽、コマ

要止め

mfgjnf.jpg
あまりにも人前でやってないとどんどん下手になっちゃうのよ。
要止めって一瞬過ぎるので、今度からこのまま風車までいっきにやっちゃおうかと思う。そうすれば2分もつだろう。
最近投げゴマやら無い人多いみたい。失敗したらダメージ大きいからね。回さないと(゜ο゜人))((人゜ο゜)意味なーいじゃーん




日々の出来事

かいぼり 最終日ですよ

明日水が入ります。



西原、吉祥寺在住だったのね。東長崎だと思ってた(いつの話やねん)。

こんなの見つけました

それは源氏物語だよ

hohl.jpg
最近二千円札をよくみかける。裏面に書かれてる歌はなんだろうかと思い調べてみる。
源氏物語なんだって。平安朝の文字ってぜんぜん読めない。
江戸時代の文献でもほとんど読めない。ただでさえ読みにくいのに変体仮名も使われてるし。
流れるような文字の美しさを追求するためにわざわざ変体仮名と使ったとか。
img_1149772_26479445_1.jpg
有名な高野切は癖のない美しい文字らしい。明治33年までは小学校でも変体仮名は教えていて、平安朝の文字も読めたという。明治なんてそんなふるい時代じゃない人に読めて現代人は読めないのは少し悲しい気もする。かといってわざわざ勉強しようとも思わないんだけど。

そういや、お札には篆書や隷書も使われてるけど、篆書はやっぱり読めないよね。

パフォーマンス見ました

10年ぶりに藤本昭義氏のライブを見る


こういう人をみるとレベルの差を感じずにはいられない。
観客はみなマジックをやってる人なわけです。そういう状況で楽しませることが出来るのはやはりすごい。かといってマニアックになってるわけではなく、非奇術者でも楽しめるショーというのはやはり理想的である。
オープニングルーティンはサイレントでありながら笑いも取れる手順がよかった。
ペットトリックは全く気がつかなかった。見事である。
第二部はレクチャー。こういうレクチャーってどの程度身に付くのだろうか?詳しい説明をしてくれるのだが1回見ただけではとても覚えきれない。
えーっと、カードマジック2種とスポンジとショットグラスと。それだけだったかな。ショットグラスは今度やってみようと思う。この手のものは受け筋だろう。

未分類

The joy of seeing a Japanese knife juggler




古い記事を偶然にも見つけてしまった。珍しく褒めてくれてるねん。

お奇術

エルムズレイ・カウント

先日、と言っても結構前だがエルムズレイ・カウントのレクチャーがあった。ツイスティングエーセスの解説があったのだが、トランプを持っていかなかった小生は見事に忘れてしまった。
このとき初めて気がついたのだが、右手に持ったパケットを左手に取ってカウントしていた。小生、エルムズレイは左手からスタートしていた。普通左手に持ったデックを右手で扱うのだから、カウントのときも左手でスタートしていた。
さて家に帰ってDVDで動きを確認してみるとやはり右手からスタートしている。他のマジシャンの方に聞いてみてもカウントのときは右手スタート。そんなこと気にしたことも無かったとか。
小生、ずっと逆の動きをやってたのかとおもいつつ、一度ついた癖を治すのは容易でないな~と落胆。

これについての謎はフレンチドロップのコラムに答えが書かれていた。
ようは右手からスタートするとカウントが終わると同時にディーリングポジションになるので無駄な動作が減るということらしい。
カードを横にカウントするか斜め前にカウントしていくのかというのも問題で。もう一度エルムズレイを解説されているDVDを見てみる。唯一小川氏のDVDだけが横にカウントすることを勧めている。さらに左てからスタートしていた。そうか、小生はこれを見てエルムズレイを覚えたんだな~と今更ながらに思いだす。

さらにカードマジック事典も見てみる。事典なんだからまず最初に見るべきだったかも。そうすると、小川氏のやり方はエルムズレイの原案で、今主流のやり方は改案であることが判る。
どっちのほうが良いかは、好みの問題なのだろう。横にカウントするほうが自然という人もいれば、改案のほうがいいという人もいる。

とまあ、ここまで語りながら小生エルムズレイカウントを使う奇術は何一つ演じたことはない。

該当の記事は見つかりませんでした。