独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
映画、演劇、音楽、DVDなど

キネティック・アート展にいく


安田火災ビルがいつの間にか損保ジャパンビルになっていた。

錯覚って面白い。動いてないのに動いてるように見えたりするねん。
かつてジェリー・アンドラスも錯覚を用いたことやってたね。
錯覚を使ったマジックで有名なところでは、テンヨーの錯覚定規とか。
錯覚ってやってる人も不思議だからいいね。

まあ、自分の芸に活かせるかといえばそうでもないかもね。


帰りに西新宿のゆうかなで幻の豚りんごパスタを食べた。

美味しいのだけれども、ちょっと高い。ランチだとお手軽でいいかもしれません。
場所的にちょっと不利なのですが、人気店ですごいですね。この前の店は2週間でつぶれてるんだから・・・。
朝方まで仕込んで、ランチやって、ディナーやって。すべて一人でやってるから大変ですね。
ってことで急に休みになることがあってそれが残念です。

ジャグリング

ジャグリング・ウェポン juggling weapons

juggling knive,sickle


その昔、今から11年ほど前に丸ノコでジャグリングをしようとしたことがある。キャッチするときに歯に触れないようするのが難しい。重さもあって全然上手くできなかった。
結局使い物にならず丸ノコを差し上げたところ、その人は柄をつけて投げれるように作ってきた。

こんな感じです。中華包丁は刃を落として持ち手を若干長くして作った。鎌はそのまま。丸ノコも歯を落とすのが困難だったのでそのままつかってた。
それで公演で練習してたからとてつもなくヤバイやつやんな。

ところがおっとどっこいすっとこどっこい。今はジャグリングショップで普通に売ってるねんな。

中華包丁もこの通り。

斧も売ってた。小生、昔ジャグリング用にリバートップで斧とか買ってたけど、専用のものがあるならそのほうがよろしい。クラブの代わりにモルゲンステルンを使いたいとおもい、いろんな武器屋を探したものです。




とりあえず3本入手してみる。ノコギリは重いし使い勝手は悪い。ナイフは何気にDubeより迫力あるかも。

P1020497.jpg

これは昔買ったジャグリング用鎌 sickle。同じの3個だと比較的投げやすい。違う種類のものを投げると回転を気にしないといけない。ナイフが一番簡単で緊張感もあってよい。
P1020498.jpg


ジャグリング

マウススティック

マウススティックがうってる店無いなんていってたけど、最近発売されたね。
マウススティック
(゜O゜;アッ!っというまに売り切れになってるけど。8月4日に入荷するらしい。49ドル。高・・・
これでバランスとれるんかいの?


こっちのタイプならバランス取れるのも納得なのだが・・・。こっちのメーカーはメール送っても返事こんかった。

スピニングボール用のマウススティック

口にくわえてボール乗っけるだけやねん。簡単そうに見えてやってみるとこれが難しい。
やってみると出来ないことって結構たくさんあるんだな~。

お奇術

インビジブル・デック


インビジブル・デックを購入したが、加工が甘い。
どうにも品質にバラツキがあっていかんな。手間がかかっても自作したほうが良いかもしれない。
ラフスプレー持ってないので、とりあえず東急ハンズで代用出来そうなものを購入する。
何気にちゃんと加工できた。
ラフスプレー

インビジブル・デックの演技を始めてみたとき、サクラだと思った。サクラを使わずに実演可能だとしって大変驚いた。
仕掛けを知ってしまうと演技を見てもたいして不思議ではない。しかし、中には全く別のアプローチで見せて見事に騙してくれるマジシャンもいる。
観客がシャッフルしてからインビジブルデックやるんですわ。いやはや、よく考えたものです。

芸のこと全般

シャボン玉


ドン・キホーテで売ってたシャボン玉。液がすぐになくなっちゃうのよ。


水800
洗剤 100
洗濯糊 200
グリセリン 50

これで丈夫なシャボン玉が出来る。
有害だけどね。

子供さんすぐ割るやんか。目に入ったりしたらイタイで。
食べ物とかに入るとよろしくないだろうし。
Pustefix社のシャボン玉液なら飲んでもいいねんで。高いけど・・・
安全性考えたらそっちのほうがいいやんな。高いけど・・・


風吹いたら全然できひんねん。
あかんな。


芸のこと全般

盛り上がり。

毎回同じようなショーをやっているつもりでも反応が大きく変わってくる。常に一定以上のショーをやるというのは至難の技であろう。

クライマックスにむけ、徐々に盛り上がっていくというのが一種の理想系なのだが、なかなか思うようにいかない。
スタートに全くといっていいほど反応がないのに、中盤に一瞬で空気が変わって盛り上がったりする場合もある。大抵の場合、小ネタなんかで空気が変わって利するんだけど。
前半部分で苦労してる分こういった形のショーは結構面白い。
最初にやたら反応が良いのに盛り下がっていくパターンはあまりよろしくない。子供なんかは最初に反応が良いと大抵途中で疲れて後半まで持たない。集中力が切れてるのかもしれない。
小生、昔から詰めが甘い。スムーズに人が集まって、のりのいい場合、短時間でメインに持って行こうとして失敗する。騒ぎたいだけの人もいたりして。相手してないと帰ったり。のりのいい人が抜けていくとどんどん反応が薄くなっていったりして。初め好調あとさっぱりとはこういうことだろう。
なかなか思い通りに事は進まないものである。


該当の記事は見つかりませんでした。