独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
書籍・漫画

ジェリー・アンドラス ウィンクマジック




ウィンクマジックなる本が売っていた。

95年発行で新品で残ってました。随分人気の無い本だこと。

片目で見ると立体的に見えると。写真だと片目で見る必要ないけどね。


錯覚錯視とか面白いよね。ショーに役立つかもと思いいろいろ本を買ってみるものの、何の役にも立っていない。
今は亡きジェリー・アンドラスですが、錯覚トリックアートで有名なマジシャンです。

ナットのやつ有名でしょ。ビデオだと気持ち悪いでしょ。生で見る場合はやっぱり片目で見るねん。慣れたら両目でもいいけど。
渦巻きのやつは有名だからご存知だろう。トリックアート展なんかでもあるし、マジックショップでも売っている。
この人が昔コメディマジシャンだったってのが驚きですわ。



書籍・漫画

日本の手品



いつの間にか再販されてました。私の為に再販してくれたのだろう。┫ ̄旦 ̄┣ フフッ
過去の文献をもとに現象と種明かしがされています。実際これを読んで実演できる人は多く居ないだろう。
実際に本を読んで、演じたくなった人は習いに行ったとか、行かなかったとか。
今は情報過多なためレッスンにお金をかけるという感覚は薄れてるだろう。実際にきちんと身につけるなら習ったほうが早い。

過去の文献などは国立国会図書館デジタルコレクションで読むことができる。
よほどのマニアか研究家ぐらいしか読まないだろう。

小生は口語訳された本でよろしい。というか本を読む人ってものすごく少ないのかもしれない。
まあ、実際にこれを読んで役に立つことはあまり無いだろう。
ただ、和芸を頼まれたとき、どこまでこじつけて演じていいのか考えたりする。
「ひょこ」の芸で紙人形を踊らしたりしてたなら、人形が踊るマジックはやってもいいかな。
ローラーバランスとか一輪車ってのもは過去のものに見たことが無いから和ものとして演じるのは無理があるとか。
ディアボロは昔から日本で演じられていた。近年のものは樹脂製なので和の雰囲気はでない。いかんともしがたい。
まあ、こじつけなんだが過去の文献に記録が残ってるなら多少なりとも説得力が生まれないだろうか?

写真ぶろぐ

上野公園五条天神前

前日にキャンセルがあったので入れた。
以前福島でであったご夫婦がわざわざ見に来てくれました。感謝

3079.jpg
3061.jpg
3059.jpg
3051.jpg
3041.jpg
3035.jpg
3033.jpg
3031.jpg
3017.jpg
3015.jpg
3013.jpg

写真ぶろぐ

Expendable 

和物で大道芸ってのは結構つらい。和でジャグラー以上に集客している人を見たことが無い。
洋装より目立つだろうが何故だか人があつまらない。大道芸だけならジャグラーが一番楽だろう。
和芸の出来る人が何気に少ない。それだけにたまに求められたりして。
一昔前はジャグラーが少なく見つけるのも大変だったが、今じゃ消耗品。スタローンじゃないけど、Expendable。いくらでも変えのある存在。若い人に言いたい。ジャグリングやるなら趣味にしとけってね。

10675697_347699355399204_2375145109099183740_n.jpg10612875_347699585399181_554450222120493907_n.jpg

小生の袴は普通のものよりも細い。気付いた人いるだろうか?動きやすくするために襞を少なめに作ってある。
最近普通の太い袴のほうが様になるような気がしてきた。
きちんとした舞台なら裃もつけたほうがよいのか。たまにしか着ないから帯の締め方を忘れたりしちゃうんだから。困った困った。もっときちんと学ぶべきだろう。


ジャグリング

一向に上達しないロデオライン

P1000011.jpg
距離が長くなるととても難しい。とはいえ、全然練習していないスラックラインよりはましか。
ラインをガチガチに張ったつもりでも結構小刻みに揺れてのりにくいねん。ロデオのほうがなれると簡単な気がする。
ラインだけだと持ち運び楽やんか。でも適当な幅に2本の柱なりがある現場ってめったにないねんな。
だから結局やる場所ないねん。ハンモックスタンドも持ち運び不便やん。一輪車より重いねん。
まあ、人前でやるにはまだ何年かかかりそうやねんな。

機材

ワンサイズ大きくしてみたが・・・

もう少し大きな音響機材が欲しいと思いつつ、いつの間にやら2年も経過しておりまして。
先日の福島のイベントでは小生の小さなスピーカーじゃ全くもって使いもにならなかった。上野の五条でやってるときも、途中で迷子のアナウンスとか流れるととても音が大きい。
ワンサイズ大きいスピーカーを買ってみた。作ってみると思いのほか大きい。

P1030001.jpg
P1030002.jpg

こんなでかいもの持ち歩けるのだろうか?昔はこれぐらいのサイズのスピーカー2本持ち歩いていたが、その頃は一輪車がなかった。
これだけ大きくなってどれほど違うのかというと、計算上は1本あたり1.26倍。微妙。室内で使ってると殆ど違いがわからん。大きい分低音はよくでてる。バスレフだから密閉型より音は飛ぶかも・・・。この辺の事情はわからん。いつもコンパクトにするために小さい密閉型エンクロージャーにしちゃうのよ。
音響って何気に一番苦労してる気がする。小さいスピーカー4本使ってたこともあったな。そうなると配線が面倒なんよね。
やっぱり小さいの2本でちょうどいいかな。あとは何とか設置場所を高くして聞こえやすくするとか。

とりあえずアンプ壊れてるのがわかった。いつの間にやら右側の音が出なくなってるやん。自宅で気づいたのはよいことよ。

芸のこと全般

練習はするけど、稽古はしない。

練習と稽古ってなにが違うのか。諸説あるが、稽古は師匠から教えてもらうことであり、練習は一人でもできることだとか。
今の時代に師匠について学んでる人は殆どいない。
ビデオにとって練習しようと最終的に自分で判断するわけだから、たいしたことが無い。自分以上の判断が出来る人がいない。
だから、自分と同格以上の人からの意見を練習でフィードバックさせていく。同格以上でないと、参考にならない意見が多い。
出来ない人の意見って机上の空論だったりするんですよ。ひどい人になると嫉妬や妬みだったり。
経験に基づいた意見のほうが参考になる。
何が言いたいかって、年寄りの意見は聞いたほうがいいぞってこと。先人の書いた本を読んだり。
やみくもに練習するだけだとなかなか上手くいかないんだな。┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~


該当の記事は見つかりませんでした。