独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
日々の出来事

大晦日 仕事納め

P1050354.jpg
1回しか出来なかった。風が強くなったのですぐにやめて家路につく。

雑記

好きなことを仕事にするってどうなのよ。


相変らずとても辛い。なんで辛い思いしながら大道芸やってんだ?
「自分の好きなことを趣味のレベルに落としてちまちま楽しむのは人生の無駄遣い」
ってのは「めとろガール」にあったね。知らないか。

趣味だったらいい季節だけやればいいんだもの。仕事だとそうはいかんよ。
それにウケないネタは好きなものでもやらなくなっちゃうのよ。
まあ、どんな仕事でも辛いことはあるわな。
嫌いなこと仕事にしたらもっと辛いんだろうから、そっちのほうが大変か。

あと何年出来るかわからないが、生きてるうちにやりたいことやっておこう。






お奇術

カッターナイフスルーフィンガー

最近売ってないよね。
ってことで作る。
作るというほどのものではないけど。

カッターナイフの刃を削る。

それだけ。

簡単でしょ。

映画、演劇、音楽、DVDなど

プロジェクト・イーグルの日本劇場公開版がついにBlu-Ray化しましたよ。

P1050134.jpg

ついに発売です。このバージョンをみたくてこの作品のソフトは9本も購入している。
この映画はもっともワクワクしたジャッキー映画なんです。私の中では。
昔ビデオが発売されすぐに入手したが、劇場で見たのと違うバージョンでがっかりした思い出がある。
劇場で見たバージョンが23年ぶりにみることが出来たのは一種の感動である。
映画館で見ていない人なら別に今まで発売されたBlu-Rayで十分だろう。

香港版、イギリス版、ドイツ版、アメリカ版、日本公開版、日本LD版とみたが日本公開版が一番長い。
他のジャッキー作品においても日本公開版は他国のものにくらべ長い傾向にある。
長いものをみたがるのは基本的にマニアであって、普通に楽しむなら短いほうが見やすい。
いろんな映画の完全版やらディレクターズカットなどの長尺版を見たが、えてして短いバージョンのほうがいい。
ニューシネマパラダイスなんかはその顕著な例ではないだろうか。

長いショーをやるより、短いショーのほうが結果につながったと嘆く例もあるが当然であろう。無駄のないシンプルなものほど良いに決まっている。ダイ・ヴァーノンも削れって言ってたかな。引き算のほうが大切ってことです。
手塚治虫の「来るべき世界」。前後編あわせて400ページだが、実際は1000ページも書かれていたのは有名な話。

もう一学ぶべきところは音楽。アメリカ版は音楽がそっくり差し替えられている。私が確認したのは、「サンダーアーム」「プロジェクト・イーグル」「ポリスストーリー3」のアメリカ版は音楽が違う。プロジェクトAも全く違う曲になってると聞く。おそらく大部分のジャッキー映画はアメリカ版では違う曲になってるのだろう。
曲が変わることによって作品のイメージが全く別物になる。「プロジェクト・イーグル」に関して言うならマイケル・ライの曲のほうが明るく、コメディ色の強いこの作品には合ってるように思う。
日本版と香港版で曲が違う例もある。ファーストミッションなど両方見比べるといかに曲によってイメージが変わるのかわかるだろう。
つまりパフォーマンスにおいて音楽の閉めるファクターは大きい。
学ぼうという気持ちがあれば、何からでも学べるってだれか言ってたね。

私が若いころは娯楽といえば映画だった。名画座で2本立てとか3本立てでみていた。
今は自宅で何でもみれる。しかしながらやっぱり映画館で見る映画はぜんぜん違う。
やっぱり映画館でもう一度見たいなと思う。

パフォーマンス見ました

パスタは飲み物です~ 世界一の興行都市は・・・

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

雑記

子供は一日平均450回 大人になると平均15回

どうやってリサーチしたのかわからんけど。一応調べてみたら多少数字にばらつきがあった。
子供は平均300回から400回。大人は10回から15回。歳をとるほど回数は減ってい木、70代になると一日2回ぐらいだとか。
一日あたりの笑う回数ね。
仮に子供400回、大人15回と仮定しても、子供は大人よりも385回も面白いことを多く経験していることになる。


笑顔研究家?によると、男性より女性のほうが笑うことに積極的。高校の卒業アルバムで笑って映ってる人は50年後に幸せになってる確率が高いとか。
本当かどうかわからないが、子供のころの笑顔ってシンメトリーなんだって。
大人になるとどっちかに偏っていく。
結局無邪気に笑える人が最強。ってことで私は常に笑いを追及したい。
image-7227_5415F6FC.jpg
大人になると人生つまらないなんて言ってる人は、単につまらない人間になっちまっただけのこと。

雑記

好奇心の窓



音楽などの嗜好と年齢の関係を研究したロバート・サポルスキー氏は、
「人は人生の中で20歳を過ぎると音楽の好みに対する『好奇心の窓』が閉まり始める」
と話しています。

35歳ごろには窓がほぼ閉じきった状態になるので、
たとえ新しい音楽のジャンルが流行しても、約95%の人は聞くことがないとのこと。
「好奇心の窓が閉じる」というのは食べ物やファッションについても同様で、
「舌にピアスを開ける」というような過激な文化に対しては23歳までに
好奇心の窓が閉じてしまい、新しい食べ物への挑戦は39歳が限度である、
とサポルスキー氏は述べています。

音楽の嗜好は自らの性格に影響するほか、相性の良い友人や恋人を探す
判断材料としても有効です。
音楽の嗜好は両親や流行によっても左右されやすく、23歳からは好みの固定が
始まってしまいますが、自発的に関心の薄かったジャンルの音楽を聞いてみると、
新しい世界が広がるかもしれません。



好奇心の窓が閉じていくってことはないと思うのだが・・・?
確かに流行の音楽などあまりわからない。いや、子供のころから流行にあまり興味を示さなかったからな~。
ただ芸能情報に関してはとことんわからない。映画を見に行っても若い役者とか全くわからない。子供のころは映画雑誌買ってたから情報はいっぱいあった。年をとるとわからなくなるというのはこういうことなんだろうな。家にはテレビもないので本当に最近のはわからない。
o0567056712377879947.jpg

今年の新年会であるパフォーマーと話をしていたが、子供心は忘れてはいけないって。
これってどんなことにでも好奇心旺盛でいることが新しいアイディアにつながるってことなんだよね。
クリエイティブな仕事をしてる人は常に新しい刺激を求めてると思うのだが。ほかの人はどうなのだろうか?
年齢を重ねると好奇心の窓が閉じるというより、経験を元に頭の中で勝手に判断して行動しなくなるのだろう。
とある人の食事に誘われたときのこと。せっかくなので普段食べないものをと思い「蛙の活き造り」を食べれる店を提案したのだが。結局マクドナルドに連れて行かれて、超つまらんやつって思ってしまった。

該当の記事は見つかりませんでした。