独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
未分類

同じ場所から空を見上げれど、あの時と同じ雲は二度と見ることはできない。

同じ場所から空を見上げれど、あの時と同じ雲は二度と見ることはできない。
日常は確実に時を刻んでいるのだ。

人生を1日にたとえるはなし。誰が最初に言い出したのかしらんけど。
仮に72歳まで生きると仮定すると72割る24=3で1時間は3年ということになる。
24歳だと朝の8時。30歳だと朝の10時。全然取り戻せる。
45歳だと15時。こうなると取り戻すのが厳しい。

普通夜は寝てるだろうから、16時間で計算しないとおかしいよね。
朝8時に始まって24時に終わるとすると。
24歳で13時。30歳de15時。40歳だと17時ですよ。
もう就業時間です。60歳だと21時なわけですよ。定年後に第二の人生とか遅すぎるんですよ。
30歳ぐらいから第二の人生の準備しないと。

田舎に帰ると時間がゆっくり流れるんですよ。
何もないねん。暇で暇でしょうがない。



芸のこと全般

同じ作品を何度もみたくなる心理ってなんだろうね。

マジックショーをみにいくとどうやってるのか結構判ったりするんですよ。沢山見てるのと知識があるのが原因でして。
それでも面白いと思う人と全く面白くない人がいるんですよ。
不思議な現象を見せるのが結論だと、種がわかった時点で不思議じゃないからとたんに興味持てなくなるんですよ。

ところがですね、すべてわかっても面白い人とか何度も見たくなる人がいるんですよ。
この違いってなんだろうね?

出来るマジックを順番に並べて適当にやるだけでショーが成立しちゃうんですよ。そういう人のショーってもう一度見たいって思わないんです。やっぱり表現法とか構成とか全体で一つの作品なんですよ。

映画でもアニメでも漫画でもいいねんけど。同じ作品を繰り返し見ることってあるんですよ。
自分の好きな作品は何十回とみてたり。ある程度期間が開くとまた見たくなったりしてね。
そういう風に思う心理ってなんだろうね。

劇場版を見たらまた原作を読みたくなった。

該当の記事は見つかりませんでした。
~たった30日で5キロやせた方法~シンデレラダイエット