独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
ジャグリング

フィネス いいかもね。

今から十年ほど前だったろうか。Mr.babacheからディアボロフィネスが発売された。
発売と同時に購入したのだが、あまりにも使いにくいので一ヶ月ほど使ってRenegadeのディアボロにした。
ずっとRenegadeを使っていたのだが、スタジオで練習するのに柔らかいディアボロを探していた。
ほら、スタジオって一面が鏡になってるでしょ。道具を誤ってぶつけて割ると大変だからね。
サンディアとかHenrysも使ってたけどいまいちしっくりこない。
改めてフィネスディアボロを購入。何度かモデルチェンジをしたらしく、昔使ったときより重く感じた。
ウェイトも一緒に購入したが必要なかったかも。

ちなみに、スプリンクラーだけはRenegadeディアボロが圧倒的にやりやすい。不思議だね。

今回は専用のLEDは購入しなかった。今までRenegadeのディアボロに無理やり自転車用のライト入れて使っていたが結構綺麗だった。
image18.jpg

そのライトを無理やり取り付けてみる。ちょっとブレるが、そもそも自転車用のライトなのでしょうがない。
P1090437.jpg

映画館で観た洋画

ジュラシック・ワールド


ジュラシック・ワールド見てきたよ。
信号待ちしてるとき、後ろにいた人が「すげー怖かった」なんて言ってたからね。
たしかに、迫力はあるねんな。わたくし、3D嫌いだから2Dでみたけど、それでも結構緊張感はあるんだな。
でもそれだけなんだな。最後にどうやって終わらせるのかと思ったら、恐竜同士を戦わせるってのは無理あるだろう。
映画館だと楽しめるけどDVDじゃダメかな。また観たいとは思わないんだよね。
まあ、アメリカ映画って昔からワンパターンだからたまに観る分にはいいんだよね。気楽で。



次はこれ
アダム・サンドラーの新作だよ。アダム・サンドラーって日本じゃ知名度低いよね。何気に良作が多いと思うねん。

こんなの見つけました

新宿中央公園の砂のゴジラ

新宿ってゴジラ多いね。
日本版ゴジラ復活するし。ハリウッド版ゴジラも続編決定してるし。
それに向けて盛り上げてるのだろうか。

正面。後ろに都庁ね。

P1090424.jpg
横。いろんな怪獣が描かれております。手前のやつはバラゴンかな?

P1090425.jpg
後ろ。

P1090426.jpg


近所のライブハウスね。昔からシャッターはゴジラでした。
P1090419.jpg

パフォーマンス見ました

juggler sugarを観ました。

juggler sugar
近所でジャグラーsugar君のショーがあったのでみにいく。
一輪車をやるのかと期待していたが残念ながらやらなかった。
ジャグラーのショーを見に行くって何年ぶりだろうか。同じ場所でやる時以外以外ジャグラーさんのショーは見ないな~。
マジックは毎月見に行ってるんだけどね。
それはさておき、sugar君は相変らず上手です。自分に出来ないショーやってる人はみんな憧れちゃいます。
とまあ、劣等感だらけの吾輩ですorz.





映画館で観た洋画

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション


わたくし、スパイ大作戦を見ていた世代ですので。
映画版が派手になるのは理解できるが、単なるアクション映画だったなと。
おじさんたちが頑張ってるな~って。てか若い人全然出てないやんな。
最初に若い女性でてたけど、あっという間に殺されるもんな。
また、スパイ大作戦見てみようかな。
あと、マッド・ミッションのDVD出ないかな~。スパイ大作戦のパロディなのに、ピーターグレイブス本人が出てるねん。なんでかしらんけど、日本公開版は山田邦子とサミュエル・ホイがデュエットしてた。


ミッション・インポッシブルから話それ過ぎ。いやね、それなりに面白い映画だったけど、あんまり印象に残ってないねんな。もう一度みたいとも思わなかったの。残念。

雑記

練習に全く身が入らず

時間って不思議
気がついたら何時間も経ってるときもあるし、凄く沢山練習したのに、少ししか経ってないときもある。
短い時間でも凄く充実させたらもっと効率よくなるんじゃないかな。

いやいや、その短い時間を集中するってのが難しい。
一番集中できない原因は早起きなんだろうけど。人間は体がおきるのに2時間かかるってなんかの本に書いてあった。
確かに30分前に起きて食事して練習とか、全然体動かないねんな。で、体が動きだす頃には稽古時間が終了ってね。
どっかに安い稽古場とかないかしら。うふふっ(*゜v゜*)

P1090239.jpg

お食事

蛙、鯨の心臓、鰌。あとはなんだっけ。



どれもこれも美味しいんだけど。値段がどこにも書かれていないのが嫌よね。

該当の記事は見つかりませんでした。