独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
映画館でみたアジア映画

劇場霊

たまには映画でも。映画館で見るのは今年11本目。昔は年間200本ぐらい劇場で見てたんだけど。随分と少なくなったものだ。

女優霊から20年・・・。女優霊ってそんなにメジャーな作品じゃないよね?女優霊もそんなに怖くなかったんだけど。結局よくわからないまま終わっちゃうしね。
で、劇場霊。これまた怖くない。女優霊にもましてあんまり怖くないんだ。
でも人形が動くところが不気味でよろしい。

柳ユーレイちょっとだけ出てた。中田秀夫の映画には結構でてるね。
最近の日本映画ってテレビの特番ぐらいで十分じゃないのかな。わざわざ劇場でやるほどのものではない。

はい。次回はクリードを見に行きく。アポロ・クリードのクリードね。




KIMG0072.jpg

kk287.jpg
kk288.jpg

パフォーマンス見ました

花園神社 見世物小屋

はい、2年ぶりに見世物小屋みました。
P1010083.jpg
P1010082.jpg
P1010084.jpg

生演奏で歌と踊り。バルーン・ドリンキングと皿回し。皿回しがとても下手です。
怪力女 大きな岩を持ち上げる?
珍獣のミイラ。
河童。ビール瓶を割って食べる。蝋燭を口に入れるやつね。

2年前に見たのがゴキブリコンビナート。今回はデリシャス・スウィートス。
女性中心で随分ソフトですよ。うじ虫食べたり痛々しい芸はない。


P1010086.jpg
P1010088.jpg
P1010090.jpg
P1010091.jpg
興行主は同じみたいだけど。1日に36回やったとか。1回で100人はいるとして288万。それが6回で1728万。いい商売やんな。体力的には相当ハードやろうね。

もうちょっと凄いと思わせる芸があればいいのにね。ワンダー正光みたいに。
5085685_56.jpg
sふぁsd




ジャグリング

バックを踏むとロックリングが緩むというはなし。

P1010040.jpg

通常ジラフ一輪車のギアは溶接などで固定されてるわけだ。小生のはピストのハブを流用している。
前進すると締まっていくようになってるのだが、バックすると緩んじゃうわけだ。そのためにロックリングが取り付けられてるんだけど、なぜか緩む。今までこんなことは一度もなかったんだけど。
ピストみたいにスピード出してるわけじゃないのよ。アイドリングで前後運動してるだけで空回りして落ちちゃうわけだ。
全く問題ないときと緩むときがあるんよね。どうしたものか。
取りあえずお手軽に解決するならダブルチェーンにしちゃえばいいのよ。
右のギアは前進でしまる。左のギアはバックで締まる。簡単だね。
一輪車用のハブを取り寄せすべきだったかと少し後悔。

パフォーマンス見ました

セロ高山はピンクが似合う

KIMG0065_201511121938419a6.jpg
皆さんご存知のセロ高山のライブに行ってきました。
平日の昼間だというのに空席以外は満席の状態です。
近代マジックの基礎を作ったのは皆さんご存知のロベール・ウーダン。1845年にマジックを高尚かつ優雅なエンターテイメントに昇華させたわけです。
大劇場で客を呼べるマジシャンってどれだけいるのやら。紛れも無いマジック界のスーパースターであろう。
セロの便利なのは、日本では外国人で海外では日本人マジシャンで活躍できちゃうんですよ。

当然モニターあるからイリュージョンもクロースアップもやるんですけど。
テレビだとずるばかりしてるって言われても、やっぱり上手い。ちゃんとマニピュレーションもやってますよ。
しかし、シガレットマニピュレーションとかやっぱりモニターないときついな。小さくて見えん。小生の横の人は備えがよくて、オペラグラスで観ておった。アシスタントはジェーンじゃなかったけど・・・・・( ̄。 ̄ )ボソ...
スタイリッシュな演技がめちゃ格好いいの。

ジャグラーが少しだけでてディアボロやってた。モニター無くても全然いける。大舞台だとマジックは結構つらいのかな。
しかし、ジャグラーで大劇場で客を呼べるスーパースターは未だかつて聞いた事ないな。世界でトップクラスの技術があっも大道芸って、それでいいのだろうか?

セロ高山 シークレットワールドツアー2015
月に一回くらいマジック見に行ってるけど、それなりに失敗あるんよね。
セロの場合強引に成功してるかのようにやりきるんだよね。あまりにも堂々としてるから、こっちが見間違えたかのように錯覚しちゃうのよ。



ジャグリング

一輪車のホイールのこと

一輪車のホイール壊れたねんけど。ミヤタでホイールだけ取り寄せする予定やってん。
2つの代理店に問い合わせしてんけど、待てど暮らせど返事はない。

結局待ちきれずに自転車屋で作ってもらったわけだが。

その後返事が来たのよ。
ところがその返事が違うのよ。
●ホイールの納期は2~3ヶ月。12600円税別
●次回モデルチェンジを行うため現在製造販売を中止しております。

とまあ、どうなんだろうか。
12600円で税別ってなんやねん。12000円で5パーセントで12600円でさらに8パーセント上乗せするのか(# ̄З ̄) ブツブツ
モデルチェンジってのもよくわからんけど。パーツも新しく作るつもりなんか?
ロングフラミンゴって昔は青だったでしょ。子供はメロンパンが好きとかいうわけのわからない理由で緑になったって噂もあるけど。
ハブだけ取り寄せすればよかったのかな。

ホイールを壊す人は少ないと思うが、もし壊れたら自転車屋で組んでもらうのが一番早いだろう。


446.jpg

映画館で観た洋画

顔のないヒトラーたち

KIMG0064.jpg

いつのまにやら武蔵野館での上映がおわっていた。
とおもったら、シネマカリテで上映していた。

これまたポスターをみてみたくなった作品でして。
何の予備知識もなく見に行ったが、純粋に実話だと思ってしまった。
これはある程度予備知識があったほうがよかっただろう。

当時のドイツのことを知るにはちょっとはよかったかもしれない。
しれないけど、単調に進んでいくので映画としてはちょっと退屈で。
この手の映画はこれで良いのだろうけど。しかしフィクションが結構混ざってるとなるとどこまで信じていいものやら。

該当の記事は見つかりませんでした。