独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
芸のこと全般

成長できないのは恐怖心のせいかも かも

一輪車を始めて人前でやったのは2005年の7月30日です。


2回目が2008年の10月16日


本格的にやりだしたのは2009年の4月からでして。

一輪車などなくてもショーは出来てたから、わざわざ荷物を増やすなど馬鹿げてるというやる気のない人のアドバイスなんかがあったのよ。
なんでやりだしたかって、一輪車乗ってる人に客取られたことあったから。
周りの人が勝手にMr.Daiがライバルとか言ってるけどまじでうざいからやめてくれ。
ライバルかどうかは自分で決めることであって周りの人に決めつけられるものじゃない(# ̄З ̄) ブツブツ

最近一輪車を15㎝だけ高くしたが、今までのように地面から直接乗れる高さじゃなくなった。
タイヤに足かけて飛び乗りするんだけど結構怖い。
実際は失敗したところで大したことないんだけどね。最初はやっぱり怖いんだ。
一輪車とかローラーの練習を始めたころ。やっぱ怖かったから、お酒を飲む。それである程度酔っぱらうと恐怖心も痛みもなくなるから練習できるってわけだ。
当時、一緒に練習してた人がわざわざお酒を買ってきてくれるので、飲みながら練習していた。
今更だが、大きなけがをしなくてよかったなと。

基本男性のほうがビビる人が多いような気がする。ついでに女性のほうが好奇心もあるような気がする。
女性で乗りたいといった人は結構いるし、何気に初めてでも乗れたりするんだけど。
男性の場合壁につかまったままずっとビビってたりして。
だれだって最初は怖いけどね。そこで止まっちゃうと全然成長できないんだよね~。

とりあえず、怖くて動けない人は酒飲め!

芸のこと全般

アンパンマンがアンパンを・・・

アンパンマンのマスクして、ビニール袋を吸いながら登場。

アンパンってシンナー(トルエン)のことなんだけど。
これって判る人どれぐらいいるのだろうか?

ここまでブラックなネタをできちゃう人ってすごいね。確固たる地位を築いてるんだよね。

今は知らないが、昔は新宿東口でアンパン売ってる人がいた。
安田火災ビル(今の損保ジャパンビル)で練習してると、中年のサラリーマンとかがアンパン吸って愚痴ってたりした。そういう姿を見て悲しい国だな~なんて思ったりして。そこには絶望しかないのさ。
そういう人がどうなったかは知る由もないのだが。


勧善懲悪のヒーローものとかって結局悪役のほうが人気あるんだよね。
やっぱ悪役のほうが人間味があふれるんだろう。

善人キャラでやってると途端に嘘くさく感じるんだよ。大道芸人なんてそんな余裕のある生き物じゃないんだから善人のわけないでしょ。
チャリティでやってる時より、自分のためにやってる時のほうが共感を得られるってのもそういうことなんだろう。


芸のこと全般

衣装のこととか・・・。

1月に浅草でやってたとき。一輪車に乗ってても周りの景色に同化して地味だって。

以前原色のシャツ着てたんだけどね。XLサイズからMサイズになったから全部買い替えるお金がなくて、ドン・キホーテで安いシャツ買ってたわけ。そうしたら地味だってさ。
とりあえずシャツをオレンジに変えて。紫のネクタイは持ってたのよ。
そしたらジョーカー見たいって吉田さんに言われたわけ。
ティム・バートンのバットマンを改めてみてみると、たしかにオレンジのシャツ着てたときあったんだよね。
紫のジャケットジョーカーっぽいよね。

ズボンが全然違うねんけどね。別にジョーカーのコスプレするつもりはないんだ。だからベストだけ地味に紫にしてみました。

あと帽子をなんとかしたいねんけど。折りたたみのトップハットとかあったらええねんけどな。
手品用のやつは安いけど小さいねん。
ちゃんとしたやつだと4~5万するでしょ。帽子は消耗品だからちょっと高すぎるんだよね。
もうちょっと手頃なやつないかな~。


昔買ったけど、井の頭で使ったらすぐに汚くなるから勿体なくて一度も使わず売ってしまった。
やっぱトップハットって雰囲気あるんよね。

まあ、大道芸だと別に衣装はどうでもいいんだけどね。結構普通の恰好してる人多いでしょ。

昨日、今日と一度もフォーク曲げをしなかった。
2013年ごろからあまりショー変わってなかったけど、去年の秋ごろから少し変わってきた。
それでもフォーク曲げはずっとやってたんだけどね。最近やらないことが増えてきた。
この調子ならリンゴもやらなくて済むようになるかも。
リンゴないからショーができないって状態にはしたくないんだよね。だからリンゴ要らないルーティンも作りたいのだ。
後バニシングボトルとかもやめたいな。なんかないかな~。
仕掛けの無いもので笑いがとれて、なおかつすごいと思ってもらえるようなものがええねんけど。



芸のこと全般

出来る人ってなんでもできちゃうから腹立つよね。

ジャグラー名乗ってる人が、いきなりマジックから始めるんですよ。
鳩を2羽か3羽だして、カードマニピュレーションもやって。
ジャグラーなのにそんなにマジックやられたらマジシャンの立場がないやん。
肝心のジャグリングもこれがまた上手い。
聞くところによるとマジックはちゃんとプロの指導を受けたとか。
ジャグリングだけで30分やるのって結構大変なんですよ。喋らずにテクニックで30分できるようにするには相当の練習量が必要になる。そう考えるとマジックは比較的短時間で時間持たせれるから。
難しいと言われてるカードマニピュレーションですら、半年ぐらい練習すれば3分ぐらいのルーティン出来ちゃうのよ。ネタものも組み合わせたら10分ぐらいのルーティン作るのって比較的簡単。
練習要らないって言ってるわけじゃないよ。技術的難易度がジャグリングよりはるかに低いってこと。

今の時代ジャグラーとマジシャンは概念的に分けられてるから、ジャグラー名乗ってそこまで本格的なマジックやるとちょっと肩透かしくらう。それこそ、エンターテイナーって肩書のほうがいいんじゃないだろうか。

いろんな種類の芸やる人いるけど、上手い人って何やっても上手いんだよね。
ジャグリングとかマジックとかアクロバットとか。それこそウェブサイトのデザインまでセンスよくてさ。
腹立つよね~。


僕も昔は上手いほうだったはずなのに、いつの間にか時代遅れの技術になってしまったorz
何か一つぐらい誇れるものがほしいなと。

ジャグリング全然やらなくなったからどんどん下手になってやんの。

雑記

時間がない お金がない 自信がない

今週スタジオを3日借りてたから練習だけで疲れちゃった。練習しても大して上手くならないのに、ご苦労なこった。
セイロンが劣等感発言してたけど、僕のほうが劣等感の固まりさ。エッ( ̄ ̄ ̄ ̄^ ̄ ̄ ̄ ̄)ヘン。
だからしょぼくても吠えることのできる精神力てスゲーな~って。

何かをやるときに、「時間がない」「お金がない」「自信がない」って言い訳よく聞くけど、これってたいていは嘘。
昔テレビ局で仕事してたときは、月120時間残業して家に帰る暇もなかったから本当に時間なかったんだけどね。
実際に時間の無い人ってあまりいないし、そもそも時間は作るものだから。お金も作るもんだからね。お金ないとかいうなら必要な分作れっての。
自信がない?ちゃんちゃらおかしい。結果出してないのに自信など付くわけがなく。
僕もいまだに自信がないけど、昔よりはずいぶん気楽になった。
だって中年の80パーセントは失敗で出来てるから。


さて、やらなきゃいけないことが山のようにあるのに、DVDを借りてきてしまった。

秘録怪猫伝をみていたら、どっかで見たことあるな~なんて思った。
囲碁のシーンでわかった。これ、「怪談佐賀屋敷」やん。
佐賀屋敷のリメイクなのか。テンポがいいからこっちのほうが見やすいかも。
でもアクロバットシーンがないのが残念やね。なんか、昔の歌舞伎の名残のようなシーンだったんだけどね。
勝手な解釈ですけどね。(´∀`*)ウフフ

江戸時代に、妖怪とか怪談とか流行ってたらしくって、歌舞伎でも演じられてたとかってなんかの文献で読んだんだよね。
曲独楽の竹澤藤次は怪談の演技やってたとか。どんなんだったのか想像つかないんだよね。
僕もなんか特別な演出できたらな~って思うんだけどね。具体的な事は何も思いつかないや。

芸のこと全般

可愛いは最強なんです。

今日、上野公園いったら、みんなキャンセルしていた。出勤したのは私を含め二人だけ。
温かくて天気もよいのにキャンセルってばかじゃねぇの?って心の中で思いつつ。
でもやっぱ人少ないな~。どんなに人が少なくてもまったく出来ないことって滅多にない。
とりあえず挑戦してみると案外普通にできた。

最近、Shirley Deanのビデオ見て、やっぱ可愛いは最強だな~って思う。
13年ぐらい前に世界まる見えで紹介されてたでしょ。誰も覚えてないかしら。
静岡にも来てるから見たことある人多いと思う。
サーカスの人だから当然上手いんだけどね。でも数増やしたりするわけじゃなくスピードジャグリングなんだ。
やっぱ表情がとてもよくて、見てるだけでハッピーな感じになっちゃうのよ。
芸なんてなんでもよくて、やっぱ人なんだよね。



芸のこと全般

笑いの価値

笑いのないショーは拷問である。
昔そんなこと書いた気がするな~。
若いジャグラーがショーに笑いは必要ないって言ってたけどさ。30分のショーで笑いが全くないのは結構きついよ。別にコメディショーにする必要はないけど。適度に笑いを入れとかないとみててつかれる。
シリアスにやるなら、シリアスな笑いがあればよい。

笑いというものに対してどの程度の価値があるのかというはなし。
一般の人が笑いにかけれるリアルな金額は700円って誰かが言ってた。どこからその金額が出たのか知らないけど。単に笑うだけだとお金を出したくないってこと。
演じる側も同じで、笑いに対してお金をかけれない。不思議なぐらいみんなケチる。
目玉飛び出すだけで13000円とか。みんなビビるわけだ。

作れるとか言うなよ。そりゃ作れますさ。一応考案者に敬意を表して1個だけは買うのさ。

実際技なんかどうでもいい。笑い取れればいいって思ってたけど、最近いろんな人の大道芸見ててそうじゃないなって思うようになった。
大笑いできるショーって楽しいけど、お金を払いたいかと問われたらちょっと違うな。
やっぱ少しぐらいすごいと思ってもらう芸がないとお金払いたくないものね。
本当はもうちょっと洒落た感じにしたいんだけどね。どうしてもノリが80年代なんだよなぁ・・・...( = =) トオイメ目




#TheHideousGrinn

おとぼけエニッシーさん(@otobokesandayo)がシェアした投稿 -

該当の記事は見つかりませんでした。