独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
ジャグリング

シガーボックス

世界まる見えでシャーリーディーンが紹介されたとき。それを見た常連のお役さんから、「シガーボックスでダブルピルエットやってた」とか言われた。
サーカスの家族で生まれ育った人と同じにしないでほしい。大人になってから、誰かに習うわけでもなく一人で練習してたわけさ。

小さい子供のころから何十年とやり続けて。そう考えると大したことないような気もするんだよね。
中国雑技の人とかみてても、小さいころから専門の先生について、一種類の芸だけをひたすら練習してたらできるよな~って思っちゃうのよ。

シガーボックスを久しぶりにかったら、ぼろい箱が送られてきた。
それはいいとして、箱の表面にタッカーうつのは止めてほしいな。木目を生かして塗りたかったのだが、中央にあるタッカーが目立つ。しょうがないので全面黒塗り。
東急ハンズにカシュー塗料を買いにいったのだが、下地が売っていない。しょうがないのでそのまま塗ったが。
綺麗に仕上げるにはやっぱ下処理が重要だなと思ったわけ。特にやすり掛けは念入りに。
まあ、カシュー塗料で仕上げる意味はあまりなかったけどね。
久しぶりに遊んだが、ジャグリングって結構楽しいね。

最近なんでも複雑になりすぎじゃないかな。もっとシンプルでいいような気がする。

該当の記事は見つかりませんでした。