独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
映画館で観た映画

午後8時の訪問者

監督: ジャン=ピエール・ダルデンヌ
リュック・ダルデンヌ
出演: アデル・エネル ジェニー
オリヴィエ・ボノー ジュリアン
ジェレミー・レニエ ブリアンの父
ルカ・ミネラ ブリアン
オリヴィエ・グルメ
ファブリツィオ・ロンジョーネ

 「息子のまなざし」「サンドラの週末」のジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ監督が、一人の身元不明少女の死の真相を探る若い女医を主人公に描くヒューマン・サスペンス。少女の死に責任を感じ、その足取りを辿る中で自らも思いも寄らぬ危険に巻き込まれていくヒロインの運命を、現代の様々な社会問題を背景にスリリングに描き出す。主演は「水の中のつぼみ」「メゾン ある娼館の記憶」のアデル・エネル。
 有能な若き女医ジェニー。今は小さな診療所勤めだが、間もなく大きな病院へ好待遇で迎えられる予定。ある晩、診療所の呼び鈴が鳴るが、診察時間は過ぎているからと、研修医ジュリアンがドアを開けようとするのを引き止める。翌日、警察が来て、近くで身元不明の少女の遺体が見つかったと知るジェニー。昨晩の監視カメラには、呼び鈴を鳴らす少女の姿が映っていた。あの時、ちゃんと出ていれば少女は死ななかった、と自分を責めるジェニー。罪悪感から携帯にコピーした少女の写真を手に、名前も分からない彼女の身元を突き止めるべく自ら聞き込みを始めるが…。(allcinemaより)



今年6本目。
タイトルもポスターも予告編もよかった。ものすごく面白そうでさ。
その分期待値が高かったのかものすごく肩透かし。


ミステリーとかサスペンスだと思ってたがまったくハラハラしない。ものすごく静かに展開していく。
真相が明らかになる家庭もあまり楽しめないし、明かされた真相もどうってことない。
映画通や評論家がこのみそうな映画ではある。
途中で気が付いたのだが、この映画まったくと言っていいほど音楽を使っていない。
エンドクレジットでmusiqueってあったから1曲ぐらい使ってたかもしれないが、印象に残っていない。
エンドクレジットですら音楽が流れない。ある意味斬新だな~。

この兄弟監督のことは全然知らないけどいろいろ受賞してるみたいよ。今度ほかの作品も見てみようと思う。

該当の記事は見つかりませんでした。