独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
雑記

100%自分原因説

自分に起こるすべてのことは100%自分に原因があるとは思ってないんだけどね。
95%ぐらいは自分が原因かなって。
最近いろいろ失敗続きだが、やっぱ完全に自分の責任なんだからしょうがない。
誰も責めることができない。まあ、おなじミスをしないように注意するしかない。


こんな本売ってたから、衝動的に買ってみた。「病んでるのか?」って言われてしまった。
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
昔から、何かあるごとに自分を責めるタイプですので。

「自分が変われば、周りが変わる」っていうけど、あれって嘘だよね。
自分に対しての評価が変わる場合はあるけどね。まったく変わらない人もいる。
後、自分が相手に対しての評価を変える場合もあるかな。

風船

安物買いの銭失いとはよく言ったものです。

ナランハでバルーンエプロンを購入した。
以前のものと違って品質が悪い。
これ悪すぎだろ。
ものすごく使い勝手が悪い。

安かろう、悪かろうでは話にならない。

雑記

事務作業はまぢで面倒だね。


さて、これからパフォーマンスをしようというときに、女の子が泣きながらやってくる。
聞いてみると迷子になったとか。
しかたないので、管理事務所に連絡して保護してもらう。
大丈夫だといいつつも、子供にとってはとても不安なんだろう。
以前井の頭公園でやってた時も同じことがあった。その時は公園案内所まで連れて行ってアナウンスしてもらった。
というか、パフォーマーがたくさんいるのに、なぜ私のところにくるのか?
やっぱり子供は人を見る目が正しい。(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪
そういうことにしておこう。

さて、ヘブンアーティストに応募するといいつつも、ビデオ資料が作れないとか言われ。
撮影してもそれをDVDにする方法もわからない。
仕方がないので撮影して編集して。編集途中でソフトがフリーズして最初からやり直し。
たった4曲撮影したものを適当に5分にまとめるだけなのだが、それだけの作業で2時間以上もかかってしまった。
人のことなどやってる場合ではないのだが、お人よしだな。
応募用紙をまだ取り寄せしてないとか。
面倒なのでその場ですべての資料をつくる。写真がないので、白い壁の前で撮影してトリミングして。
メンバーの写真はネットで送ってもらい。
パソコン出来ない人から見たら、すごいように見えるんだろうね。

自分の資料作るのも毎度面倒で嫌になる。
事務作業は本当に誰かにやってもらいたい。

人のことやってて、自分の締め切り忘れてたという最大のしくじり・・・しょうがないね。自分が悪いんだからね。orz...
vlcsnap-error890.png


誰かに何かをやってもらうってのが、とことん嫌がる人とかいるけど。
そうじゃないでしょ。相手になにかすればそのうちまわりまわって返ってくるから。
困ったときはお互い様ですよ。(´∀`*)ウフフ

芸のこと全般

( ´△`)アァ- 人が集まらないな。

久しぶりにCD買った。最近CDって滅多に買わないからね。
たまにダウンロードするぐらいでしょ。
( ´△`)アァ- やっぱ素敵だな~って。
この曲が似合うようなショーやりたいな~って。


最近いろんな芸人さんと一緒に行動してて、「あー、自分のショーって人集まらないな~」って思ったりしちゃうのよね。
冷静に考えて一輪車以外派手な演目ないやん。一輪車だけでショーしてるようなものでしょ。

大道芸でお金を稼げるショーってどういうのかな?と冷静に考えてみる。
異論・反論・オブジェクションはあろうと思うが・・・

・単純で分かり易い
・ノリのいい曲とテンポのいい展開
・適度な笑い
・あっと驚くような技
・投げ銭を取るための決め台詞
・最終的には応援したくなるような人柄。

こんなものかな~。
個人的に徹底的にコメディで通したいのだが、これをやると稼げなくなる。
最後はしっとり終わら舌ほうがたぶんいいんだろうね。

なんだろう?オーラがないのかな?いろんな人と一緒にやってると自分は圧倒的に集客力に欠けることがわかる。

特にスタート時の客集めが下手すぎて。うまい人の真似をしたところでうまくいったためしがない。
似たようなことやってても、自分のほうが集客力に欠けることってよくあるからね~。
単純に見た目とオープニングの喋りで面白いことをやりそうに感じないんだろうね。
もうちょっと興味を構築できるようなこと探さないとね。


日々の出来事

偶然あつまっちゃった。(*´∀`)

最近周りの人がいろいろ動きだしてるから、自分ももう少し頑張ってみようかなって思えるようになった。

偶然揃ったメンバーだけどね。なんか豪華でしょ。私以外……(-。-) ボソッ
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \ また自虐的で。
別にネガティブに言ってるつもりはないんだけど、周りから見るとネガティブらしい。
まあ、いつの間にやらかなりのベテランになってるけどね。
やっぱいろんな場所にいって、いろんな人に合わないとダメだわ。
若いころに培ってきた人と、私のように楽な場所にしかいなかった人とではおのずと差が開いてるもの。

同じ場所でばっかりやってるとやっぱダメだな~。
私のことを「遅咲きルーキー」なんて言った人居るけど、若いころにもうちょっと頑張ってたら違った結果になってたかも。
今更ながら反省。自信の無さと勇気の無さからなんだけどね。

最近本当に人集まらないし稼げないけどパフォーマンス的には今のほうがやってて楽しい。
もうちょっと集客できて盛り上がったらもっと楽しいだろうな~って。

映画館でみたアジア映画

コール・オブ・ヒーローズ

サモ・ハンis Back 二本目。
サモハン出演2作品連続公開・・・
って、サモ・ハンはラストに1秒ぐらい出るだけなんですけど。
アクション監督はやってるんだけど。


監督はベニー・チャン。ベニー・チャン監督作品は結構安定している。
主演はエディ・ポン。この人はよくしらない。
ラウ・チンワイ。コメディのイメージしかなかったけど結構アクションもできちゃうのね。
ルイス・クーは最低最悪な悪役。とにかく見てて気分が悪くなるくらいのクズ。
あと、サモ・ハンの息子でてます。父親と違って身体がきちっと作られてます。

なんか70年代の映画見てるような感じなんだよね。やたらワイヤーつかいまくって。
香港映画はみんな空飛べるって。

面白かったけど、また見にいくかと問われれば見ないかもね。
あと、主題歌があまりあってないような気がした。

芸のこと全般

この国で好きを通すのは難しい

13704243_921614034651432_684661301_n.jpg

先日、といっても結構前だけど、マジシャンのブログをわざわざ見せてくれた。マジシャンなのになぜジャグリングショーをやるのかって。
話は簡単で欲にかられて、なるべく楽して稼げる方法を選んだということ。

サイゼリアで食事してた時に同じようなことが話題にあがった。
自分のショーを貫きたいが、収入が追い付かない。パフォーマーとしてのプライドをすててディアボロとかローラーとかやろうかな。
でもそれをやっちゃうとパフォーマーじゃなく完全な仕事人になっちゃうな~。
舞台などで演出家がいるときに、やるのならいいんだけど、完全に自己演出する大道芸でそんなことしたくない。

小生がまだパフォーマンスできなかった頃に風船屋とやかったけど、やっぱ嫌だった。
自分が客の時にお金払いたくないものをやるようになるのが苦痛だった。
同じ理由でテーブルホッピングなんかも嫌いで、5分程度のマジックを見てお金を要求されたらたまらない。
ギャラをもらってやるのならいいのだが、チップで稼げと言われたらやりたくない。

自分の好きな事で評価されればいいんだけど難しい。
どっかで妥協点を見つけることになるんだろうね。

該当の記事は見つかりませんでした。