独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
ジャグリング

たまには気分転換でローラーの練習とか。観客にどう思われたいのかってこと。

KIMG0165_157_.jpg

マジシャンがテクニックですごいと思われたいってのはちょっと違うと思う。
マジックのすごさって奇跡的な現象が起こせることであって、テクニック的な凄さを求めるなら、ジャグリングやアクロバットをやるべきだろう。
マジックのテクニックってシークレットムーヴだからテクニックで現象を起こしてると思われた時点でマジックとしては失敗でしょ。
単純にすごいと思われたいならローラー3段でもやるほうがよっぽど手っ取り早い。
私の場合は別にすごいと思われたいわけじゃない。どっちかというと面白かった、楽しかったと思われたいわけだ。
だから、すごさは別に求めていない。
何でローラーの練習するかって?気分転換だよ。たまには違うものもやらないと飽きちゃうでしょ。
多少期間を開けて練習したほうが上達する場合とかあったりして。
ローラー3段とか人前でやることはないと思う。
3段ってそんなに難しくないんだよね。1段に乗れたらほんの少しの勇気で乗れちゃう。
なんとか乗れるってレベルだけどね。人前でやるなら台の上でやるだろうから、もっと安定感は欲しい。
残念ながら一輪車より緊張感があるんだよね。


たまには気分を変えて。余裕まったくなし。#juggling #rollerboller

おとぼけエニッシーさん(@otobokesandayo)がシェアした投稿 -


該当の記事は見つかりませんでした。