独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
書籍・漫画

この世で一番大事な「カネ」の話


西原理恵子の漫画って丁度私が麻雀にはまってた頃によく読んでいた。
最近はまったく読まなくなっていたのだが、何気なく古本で売ってたので買ってみた。
この本に書かれてることが、昭和40年代、50年代の事なんだと思うと驚かされる。
今でも大差ないのだろう。
やっぱこの人の経験値って全然違うものね。やっぱすげーな~って。
とりあえず朝から一気に読み終えた。井の頭公園って朝早くいくからゆっくり読書の時間が取れるのが良いね。

「最下位の人間には、最下位の戦い方がある」。 自分の実力を多面的に客観視することで、戦い方(勝つ目)が、見えてくる。

●:才能はやり続けた結果であり、他人が見つけ出してくれるものでもある。

●:要求されたことに+α(付加価値)を加えることで、差別化を図る。

●:仕事に選り好みをせず、貪欲に。

●:プライドではご飯は食えないのだから、下手なプライドは捨てる(他人に頭を下げるのに、お金はいらない)。

●:自ら、情報・知識を求めて行動する(ただ、待つ一方でなく)。

お金はさびしがり屋です、友達の多い方へ直ぐ行ってしまう(172P).

裏を返すと、財布に多めのお金を入れておくと、友達を連れてきてくれる。 お金を、大切な人の様に遇し、愛するべしってことか。



私自身も最下位に近い人間だからね。もっと頑張らないとね。もうちょっと若いころに読みたかったな。

さて、本日も暑くて、例のごとくベテランマジシャンと交代。
3回やって一度も集めれずにイライラするのは勝手だが、私の知ったこっちゃない。
帰ってからきっと奥さんに愚痴ってるのだろう。
自分の実力を多面的に客観視したほうがいいなと思う。



該当の記事は見つかりませんでした。