独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
RIYOURI

どんぐり

秋になると公園にたくさんのどんぐりが落ちてるんですけど。
その中でもアクの少ない椎の実は食に適している。
他のどんぐりでもあく抜きさえすればいいんですが、これがかなり大変な作業なので。

EJU2ggPU0AEC6u2.jpg
EJU2ggVU0AAtMU7.jpg
水につけて浮いてくるものは捨てましょう。そして乾かしてから皮をむきます。
これだけでも結構な労働です。
生でもいけるのですが、今回はバター炒めで塩を振りかけました。
これが美味しい。

EJU2ggWUcAAEm_r.jpg

つぎはどんぐり餅。
材料
白玉粉 50g
砂糖 40g
醤油 少々
水 80㏄
どんぐり
片栗粉

作り方
白玉粉に砂糖、水、醤油を加え混ぜる。
鍋にいれて中火でかき混ぜる。適当なタイミングでつぶしたどんぐりを入れる。
片栗粉をまぶし適当に切って完成。
EJ27KcHVUAAsuxY.jpg
EJ27KcLUcAIjHjT.jpg
EJ27KcHUEAA3gkr.jpg
IMG_20191121_150939.jpg

これめっちゃおいしい。まあどんぐりじゃなくてもいいと思う。クルミでも。
あと片栗粉にしたけど、きな粉でもいいと思う。むしろきな粉のほうが美味しいと思う。

映画館で観た映画

25本目 シネマ歌舞伎「女殺油地獄」

43_onnagoroshi_2019.jpg

ずっと前から歌舞伎ってものに興味あったんだけど、なかなかハードルが高い。いや、金額が高い。
最近「かぶく者」を読んでまた興味もったんだけどね。

ってことでお気軽に見れるシネマ歌舞伎行ってきた。
正直別に興味のあるタイトルではなかったのだけれども・・・。

昔劇場版の予告編を見たことあったけどまったく興味を持たなかった「女殺油地獄」

平日の朝なのに意外と客入っていた。

そしてストーリーとかよくわからないので上映直前にチェックして。
だって歌舞伎って何喋ってるかわからないイメージだから。

意外なことに前半は結構コメディだった。そうか。完全にシリアスな舞台ってわけでもないんだな。
中盤はちょっとだるかったかな。
それより最後の与兵衛とお吉のシーンがすべてかな。あれを見るためだけに前半部分があると言ってもいいかも。
で、タイトルがそのままオチなんだけど、その後どうなったのよ?
アマゾンプライムで堤真一の出たのがあったので見てみたけど、やっぱ最後同じだった。
で、調べてみると後日談はちゃんとあるらしい。

さて、舞台をスクリーンでみると役者の表情など良く見える。それはいい。
良いのだけれども女形がおばさんにしか見えない。設定は27歳だったかな。
いや、おっさんみたいなおばさんにしか見えない。表情が良く見える欠点だな。
元の長さは知らないがこの作品は結構短くて見やすい。
途中に説明とか入るのでわかりやすい。
あまり、というか全く歌舞伎になじみのない人には良いと思う。

該当の記事は見つかりませんでした。
~たった30日で5キロやせた方法~シンデレラダイエット