独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
独楽、コマ

ちょんかけ


ご存知の方は知ってると思いますが、ご存知で無い方は全く知らないと思います。
熊本市の無形文化財でございます。
ネットでも小さなものは手に入るのですがとことん使いにくい。とあるルートからつばきの独楽をなんとか手に入れたがもう少し大きいものが欲しい。
これはやっぱり熊本までいって買うしかないのかな~って思い、いろいろ調べていたのだが。
職人さんがすでに亡くなってるとか・・・。
熊本にはちょんかけこま保存会なるものが存在するらしいが、作る人を育てないと無くなりまっせ。

別に専用のこまでないと出来ないということはないだろう。小生が一度だけちょんかけの演技を見たのは1998年のことです。ヨーヨーのように回して、ディアボロのように投げてたのが印象的だった。失敗したとき「これが素人」なんて言ってたから腕試しで道でやっただけだろう。いまだかつてちょんかけを演技に取り入れた玄人の芸人は一人も見たことが無い。理由は知らないが、単純に他の曲独楽の演技に比べ難しいからだと思う。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kyokugoma.blog.fc2.com/tb.php/121-6526b14b
該当の記事は見つかりませんでした。