独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
芸のこと全般

円のほうがいいのでしょうか?

どうも、わたしです。
大道芸でロープを地面にひくことをローピングと言うらしい。某芸人がラジオで言っておりました。
わたしの場合ステージはロープで作ることが多い。今まで何気なく四角に囲っていたがもしかしたら円のほうがいいのかもしれない。
円の中心に演者が居るとして、最前列の観客にはすべて等距離に位置することができる。それゆえ協調性が生まれやすいのではなかろうか。
アリーナ劇場が観客と舞台とより深い一体感を得られる構造とされてるように大道芸的には円形のほうがいいような気がしてきた。サーカスも円形だしね。これに関しては今後試してみたいと思う。しかし、四角にひくほうが簡単なんだな。

ところで客席は隙間無く埋めたいと思っているのだが、観客にとっては意外とストレスになってるのかもしれない。
劇場では上演が始まると客席が暗くなるので自分の周りはあまり気にならない。しかし、上演前は周りの状況が気になったりする。電車で横に知らない人が座ると気になったり、なんか気を使ったりしてるだろう。
人がたくさん集まった状態ってもしかしたら満員電車のようなストレスを感じるのかもしれない。
62890b17.jpg

1 Comments

大村 says..."No title"
観る側としては、どちらでもOKな気がします。
自分は演じ手の都合で四角になっているのだと思っていましたが。
そういえば円形でやるパフォマーは観たことがないかな~。
四角の方がロープ等で設定はしやすいですよね。
2012.04.27 11:49 | URL | #79D/WHSg [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kyokugoma.blog.fc2.com/tb.php/128-1a39e905
該当の記事は見つかりませんでした。
~たった30日で5キロやせた方法~シンデレラダイエット