独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
( ̄◇ ̄;)エッ

空と海と。

  同じ場所から空を見上げれど、あの時と同じ雲は二度と見ることはできない。
日常は確実に時を刻んでいるのだ。

fca4d19f.jpg



前描いた失敗作をちょっとアレンジしてみた。
でも微妙かな。

なんやろね。気に入らんわ。 


さて、最近やしの木を描くのに筆を使うようになった。 
何種類か試したけど、私の場合はこのタイプのやつね。
メンテナンスとか超適当なんですよ。
使い終わってから全然洗ってない。使う前にクリアスプレーを貯めた容器に数分間漬けとくの。
そうすれば溶けるから。


最初の頃はスポンジで描いてたねん。マコーネル氏がやってたし。
スポンジは使い捨てになるのでちょっとコスト的によろしくない。
その次はで描いてたねん。動画でアップしたときはそれやね。
んで、筆が一番いいのかもね。


1 Comments

tomoko uchimura says..."No title"
凄く綺麗ですよ。どこが微妙なんですか?
2015.06.10 07:30 | URL | #79D/WHSg [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kyokugoma.blog.fc2.com/tb.php/1362-b8818e45
該当の記事は見つかりませんでした。