独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
芸のこと全般

結局助けてくれるのは過去の自分なんだよなぁ・・・

最近はアクションカメラとか出て自撮りとかも楽になったな。昔は小型カメラってものすごく高かった。
SDカードも512MBで4万もした。しかも画質が悪い。それに比べるとなんてよい時代なのかしら。

なんでそんなにビデオ撮ってるの?って聞かれたことあるけど。
プロモーション用に必要ってのと、自分のショーの研究と。
記録と・・・
昔はジャグリング結構上手かったんだよ~って。

普段大道芸やってると、大体同じパターンになるんだけど。
イベントとかだといろんな条件があるから普段通りできなかったりするわけ。
で、困ったときに過去のビデオ見ると今やってないネタとか結構沢山思い出される。
新しいものを練習して組み込もうとしてもそう簡単にいかないからね。結局最後に助けになるのは過去の自分だったりする。
人間って基本的に忘却していく生き物で、昔やってたことって覚えてるようで断片的でしかなかったりする。
ビデオが残っていれば過去の自分そのものがそこにあるわけだから明確に思い出せるわけ。
記録はちゃんと残しておいたほうがいいなと、感じる次第でした。

最近練習が全然足りてないからね~。
技の練習はしてるけど、あくまでも技ができるってレベル。
出来るのと見せれるのって全然意味が違うから。見せる練習がここんとこ全然できてない。
だから、買っただけで現象を起こせる手品道具でも練習は必要。
ここのところ理解出来てない人とは一生わかりあえない。


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kyokugoma.blog.fc2.com/tb.php/1537-0bd0cfa0
該当の記事は見つかりませんでした。