独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
芸のこと全般

弘法は筆を選ぶ

平安時代初期の空海・橘逸勢・嵯峨天皇の3人が最も有名な「三筆」と言われていますが、嵯峨天皇は書以外にも博学な空海を師として仰いでいました。

空海が嵯峨天皇に、書体に併せて使い分けるようにと、4本の筆を贈ったというエピソードを聞くと、皇太子さまは「(『弘法筆を選ばず』という)ことわざとは違うんですね」と話され、周囲に笑いが広がった。


地方に行くとき、道具いっぱい持っていくの大変でしょ。だからジャグラー同士で道具シェアすりゃいいんだよ。
いやいや、同じ道具でも使ってるメーカーとか違うと使い勝手が全然違うんだよね。
私のように大した技術を必要としない人ならいいけどね。難しい技やる人は人の道具じゃ使えない。

それに私、RENEGADEのクラブとかフィネスディアボロとか少数派なんだよね。(*´∀`)RENEGADEのディアボロはもう使ってないけどね……(-。-) ボソッ
だからシェアするの難しいよね。
一輪車も大抵の人は20インチだから私全然乗れない。
結局自分の道具は自分で持っていくしかないんだよね。
別に自分から進んで少数派になってるわけではない。各メーカーのあらゆる道具を使って最終的に行き着いたものがたまたまほかの人とちょっと違ってただけ。

「我ながら自分の才能が怖い」って言ったら羨ましがられたりしたら大いに困る。謙遜してるつもりだったけど、相手はそう受け取ってくれないみたいね。
才能あるなんて思ったことは一度もないし、誰でもできることをやってると思っている。
出来ないのは単純サボってるだけ。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kyokugoma.blog.fc2.com/tb.php/1557-dec5bae2
該当の記事は見つかりませんでした。