独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
芸のこと全般

燃料の揮発を防ぐために。

昔、トーチ・トゥ・ケーンのホルダーを作った。
オイルの揮発を防げるので、好きなタイミングで使える優れもの。しかもホルダーをはずすと同時に点火できる。
我ながら良いものを作ったものだ・・・自画自賛・・・



とまあ自分で画期的なアイデアだと思ったけど、今普通にマジックショップで売ってるんだよね。
自分が考えつくようなことってたいてい誰かが先にやってるんだ。
3622.jpg

マヨーラルのマジックでキャンドル・フラッシュ・ケーンってあるんだけど知ってるかな?
キャンドルからシルクが出現。火を点けるとケーンに変わる。
これの省略版でシルクに火をつけてケーンに変化させる、ファイヤーケーンってあるんだけど。
これもやっぱり事前にシルクにオイルをしみこませるので本番でいざやろうとしたら揮発してたりするんだよね。
それも揮発しないようにホルダー作ったりしてたな。

ファイヤートーチとかファイヤーデビルとかもオイルをつける時間って結構無駄だからショーの前にオイルに浸して、揮発を防ぐホルダー作ったほうがいいかな~。灯油だったら、日陰に置いておけば30分ぐらいは大丈夫。
昔はコールマン燃料使ってたから、あっという間に揮発していた。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kyokugoma.blog.fc2.com/tb.php/1560-a799ab52
該当の記事は見つかりませんでした。