独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
ジャグリング

ジャグリングって言葉はどの程度一般的になったのかな?

ジャグリングやっててもいまだにマジックとか言う人居るんだけど。ジャグリングって言葉がまだまだ普及してないんだよね。
そもそも一般の人はジャグリングとかマジックとか別に興味ないから。
ディアボロとかクラブとかそんな専門用語知ってるのはマニアでしかない。
トスジャグリングなら見た目でテクニックって判るけど、デビルスティックとかいまだに磁石とか言う人いるし。
水雲井のまわし灯籠なんかも仕掛けがあるって思う人もいるらしい。


ここんとこ水雲井の製作ばかりで。前回ジョイント式で作ったが、どうしても滑りが悪くなりまわし灯籠がやりにくい。
竿で作ると何気に使い勝手はよい。ハンドル部分が太すぎるのと見た目が嫌だったのでカットしちゃった。
最後の部分だけもうちょっと高さ出したかったのだが、しょうがない。
水雲井、なんだかんだと人前でやるのに1年ぐらいかかった。
実際の道具を見たこともないし、演技そのものも1回しか見たことがない。
なんだかんだと手探りで道具を作って練習してたからね。
道具が市販されてたらもっと簡単に習得できただろう。道具製作とか使う糸の種類とかで試行錯誤してたから。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kyokugoma.blog.fc2.com/tb.php/1617-2dc0459a
該当の記事は見つかりませんでした。