独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
芸のこと全般

マジシャンは嘘つきの天才って誰がいったかな?



喜怒哀楽の喜と楽の表情の使い分けがわかりません。
昔読んだ本で顔の表情の訓練の仕方ってあったけど、笑顔、泣く、怒るの3種類を瞬時に作り出せるようにトレーニングするってのがあった。喜も楽も笑顔で同じってこじゃないの?

嘘をつくのが嫌でマジシャンをやめたって話があってさ。私、嘘をつかないショーを心がけてるなんて記事を2年ほど前に書いたな~って。

演出上の嘘ってのがどうしてもあるわけですが、それがフィクションとして見てもらえるならいいんだけどね。
例えば、魔法の杖とか使っておまじないをしたりとか。誰もその杖で魔法が起きるなんて思ってやしませんよ。
フィクションなのにお客さんが本当のことだと信じ込んでしまう場合とかもあるんだよね。
本当はトリックなにに、心理学とかで相手の心を読み取ってるとか、さもテクニックだけで何のトリックもないかのような演出をしたりとか。
じゃあ、お客さんから突っ込まれたらどうするか?
内容によって違うけどね。チャイナリングやってて「切れ目あるんでしょ?」なんて言われたら「当たり前だよ。でなきゃ繋がるわけない」って言ったりしてます。
答えれない質問には、「耳圏外」って言ってやります。(ノ´∀`*)

凄くないことでもさもすごいかのような演出とかやっぱ罪悪感がでちゃうのよね。
だからそういう演出はしないようにしてるつもりなんだけどね。
「すごかった」って言われるより、「面白かった」「楽しかった」って言われるショーを目指してるのよ。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kyokugoma.blog.fc2.com/tb.php/1630-657242b4
該当の記事は見つかりませんでした。
~たった30日で5キロやせた方法~シンデレラダイエット