独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
独楽、コマ

お江戸の職人


別に本ばかり読んでるわけじゃないんですよ。最近図書館で借りてくるから必要な数ページしか読まないってこともよくある。
普段まったく本を読まない人からすると、文字ばかりの本を持ってると高尚に思われるらしいが、ちゃんちゃらおかしい。
別に漫画読むのと大差はない。ただテレビはいかんね。受動的で思考力も想像力も働かないから、何の成長にもつながらない。

51jvPOAD-8L.jpg

「お江戸の職人」で独楽師があった。独楽師に関する記述は1ページほどしかないんだけれども。
独楽回しは男色を売る目的だったとか、風紀を乱すとして独楽回しや販売を禁止したとか。こういう話初めて聞いたんですけど。
江戸時代にヨーヨーは釣り独楽と呼ばれ流行していたとか。

もう一つ興味深いのが、独楽づくりの名人と言われる人でも生活できるほどの儲けがなく、内職的な仕事だったとか。
今も独楽作りじゃ食っていけないからね。いつの時代も評価されないものなのだろうか。



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kyokugoma.blog.fc2.com/tb.php/1707-7ad570e5
該当の記事は見つかりませんでした。
~たった30日で5キロやせた方法~シンデレラダイエット