独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
ジャグリング

torch

火をつければショボい芸でもすごく見えちゃうのよ。それぐらいインパクトがあるらしい。
ファイヤーショーを15分ぐらいやってたこともあるけど、そんな長時間やる意味がないように思う。
1回のショーで2分ぐらいで十分ではないだろうか?

トーチを観客に投げてもらうのだが、渡すとなぜか火をつけるウィック部分を触る人がいる?
煤で真っ黒になっているにもかかわらず触って手を汚す。
( ´△`)アァ- やってる人にとっては常識だけど、一般的にはわからないから注意事項は一つ一つ説明しないといけないんだなと、改めて実感した。

観客に向かって火のついたトーチを投げたパフォーマーの話があるけど、それも同じことなんだよね。
パフォーマー同士だと火のついたトーチを投げたところでどうってことないし。
クラブの先に火が点いてるだけなんだから、クラブのキャッチができればトーチでも同じようにキャッチできるだろう。
ってことはない。
パフォーマーの常識は世間の非常識なんだよね。(*´∀`)


IMG_0615.jpg

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kyokugoma.blog.fc2.com/tb.php/1788-56b154c5
該当の記事は見つかりませんでした。