独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
映画、演劇、音楽、DVDなど

永遠の15歳

946eff0c-ee38-49c8-ab26-555a67384224.jpg
オーバー・ザ・トップ
私の知る限り、唯一のアームレスリング映画。腕相撲なんだけどね。中学生のころテレビで見て結構印象に残ってる映画。
この映画でスタローンは最低主演男優賞にノミネート。子役のデイヴィッド・メンデンホールは最低助演男優賞を受賞した。
ロッキーのような熱い映画なんだけどね。「人生は向こうからやって来ない。自分の力で勝ち取るものなのだ」って名言もあったりする。

でも私が一番印象に残ったのは、トラックの運転手をしている父親に対して息子が言った台詞。「大人の精神年齢は15歳ぐらい」。
これって15歳で精神年齢が止まるってことか。
中二病tってのもあるしね。中二だと14歳か。大体その辺で成長とまるのか。
実際、子供のころとあんまり変わってないね。大人になると子供のころよりずっと自由だもの。


大人になると毎日独楽回して過ごせるんだ。( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
マジシャンずっと見てるな~…( ̄。 ̄;)ブツブツ。いつも見てないとか言ってるくせに客寄せはずっとチェックしてるんだよね。
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \どうでもいいや。


橋の下を流れる河のように何マイルもが過ぎてゆく 新しい夜明を告げる
明日を目指して走るんだ 目の前に伸びている道は俺たちの求めているものに続いている
さあ 初めから自分自身の心に従って力の限りを尽して頑張るんだ

だって この国では俺たちの心は開かれている もう一度トライしてみるのも自由さ
未来が見えたら 俺たちはまた信じるようになる

今日 俺は未来へと続く道を旅する とどまることのない心は旅立ちの時を知っている
終りのない道は見える限りまっすぐに開けている
さあ スタートしよう 自分の心の命ずるままに行くんだ
その道がどこへ続いていようと

だって この国では 俺たちの心は開かれている
もう一度旅立っていいんだ 未来がまた見えたら俺たちはまた信じるようになる

道は明日へと向っているんだよ また俺と一緒に乗っていくかい?
お前がその言葉を言ってくれさえしたら俺の生命はお前のものだ
過去から未来へとお前の持てる力の限りを尽してゆくんだ

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kyokugoma.blog.fc2.com/tb.php/1807-1ace05e5
該当の記事は見つかりませんでした。