独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
パフォーマンス見ました

明治のマジックショー

松旭斎天一没後100年記念だそうです。
6e093f23.jpg


前半が西洋奇術で後半が日本の手妻でございます。

  bee4464e.jpg


前半部分はタンバリンが一番よかったかな。やはり水が出てくるのは不思議です。
小生が子供のころ、テレビで見るマジックは今と違いステージマジックばかりでした。鳩や手品用の花を使った演目は懐かしい感じがしました。

cb860a5e.jpg


七変化は才能あふれる若者が演じておりました。
水芸初めてみたが綺麗です。舞台を水浸しにするのでダイヘンでしょうね~。
今の時代モーターやポンプがあるから不思議じゃないって言いますが、不思議なんですけど。
水芸は不思議さはどうでもいいらしく、前半部分が俗世で後半部分が天国の世界を表現しているらしいです。
最近ネット上で探せばたいていのものは見れますが、やはり生で見るとぜんぜん違います。

小生、初見の演技は何も考えずに見るようにしている。まあ、見ながらいろいろ考えることもあるがメモをとりながら見るようなことはしない。
何時間かしたのち、演技を思い出し印象に残ってた部分や感想をメモしておくのがよい。何度も見てると初めて見たときの事を忘れてしまうし、より深い知識を身につけると、一般の観客目線から遠く離れてしまうんです。


1 Comments

mocomoco says..."No title"
本当に動画で見るのと生で見るのは全然違いますねぇ
。最初何で水が出るのが不思議だったけど、「何でだろう?」なんて考えるの、どうでもよくなってしまうくらい魅入ってました。水芸素晴らしかったです。
2012.10.18 23:47 | URL | #79D/WHSg [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kyokugoma.blog.fc2.com/tb.php/193-e0ad9855
該当の記事は見つかりませんでした。