独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
芸のこと全般

とことん人が集まらず、盛り上がらず・・・

早い時間のほうが人は集まりやすいのだろうか?皆さんがそのようにおっしゃっております。

小生、本日3時20分にスタートしたのだが、とことん人が集まらず、しかも盛り上がらない。
人が集まらないときにどうするべきなのでしょうか?

1.それでも集めて盛り上がるよう努力する。
2.自分のペースでいつもどおり淡々をショーをこなす。
3.諦めて途中でやめる。あるいはいきなり最後の芸をやり次にかける


昔よく一緒に行動していたミュージシャンに言われたことがある。
「パフォーマーの方はどんなに人が集まらなくてだめな状態でも、最後にはある程度形をつくっている。ミュージシャンは最初に集まらなければ集まらないまま終わってしまう。」

小生と同じころ活動していたパフォーマーはそうかもしれない。しかし最近のパフォーマーを見ると人が居ないまま終わることもしばしばある。
小生の場合だいたい1を選択しているが、最近は2の人が多いように思う。
別にどれが正解というわけでもないのですが、やはり集めれないときのほうが悔しいのでショーは長くなってしまうのです。まあ、それも限度があって途中で嫌になってやめちゃうこともたまにあるのだが。
人が居ても居なくても同じように出来る人が一番メンタル面が強いように思う。

人が少なく反応の薄いときというのは莫大なエネルギーを使い普段より疲れます。しかも悲しいことにたいていの場合報われずに終わるのです。
しかーし、最初にどうしようもないと思いながらも最後には盛り上がっていい感じで終われるときというのは一種の快感である。まったく無反応だった観客の反応が少しずつ良くなっていくのはやっていて面白い。
本日久しぶりにそういったショーができた。


さて、話は変わるが使わなくなった道具を売って欲しいという人がたまにいる。
小生、中古品を買うことはあまりないと思っていたが、よくよく考えると今愛用してるこの独楽はジャグラーの斉藤英祐氏に譲っていただいたものだった。実は心棒がものすごく曲がっていて調整するのに3時間ほどかかって・・・・( ̄o ̄;)ボソッ
b5a7565b.jpg


ということで小生が使わなくなった道具はここにアップしときます。やらない人にとっては無価値なのでお求めにならないように。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kyokugoma.blog.fc2.com/tb.php/194-716a4df4
該当の記事は見つかりませんでした。