独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
お奇術

比翼の竹

744.jpg

いわゆるチャイニーズ・ステッキなんですけど。帰天斎流では比翼の竹という和妻として演じられています。
三世帰天斎正一氏の比翼の竹は後見との掛け合いとかあるらしいのですが、見たことがないのでわかりません。
チャイニーズ・ステッキと手順的に大きく異なる点はないと思われます。

奇術家ならだれでも知ってるでしょうが、演じてる人は極端にすくない。
この手の奇術をバカにしてる人もいたりしますから。

これがなかなかいい道具が手に入らない。自作しようにも結構難しい。
作れないというわけではないが、竹で作るとなるとかなり苦労する。

竹製のチャイニーズステッキも稀に売っているのだが、これが結構いいお値段なんです。
大抵2本セットで売られているのですが、ロイ・ベンソンやフレッド・カップスの手順となると3本必要になる。
そうするとこのいいお値段のチャイニーズステッキをもう1セット買う必要が出てくる。

現象がシンプルで、それだけにオチがなく演技がとても難しい。

今度チャイニーズ・ステッキに関するDVD買い漁ろうかな。
IMG_20200306_200600.jpg
IMG_20200306_200609.jpg
IMG_20200306_200621.jpg

日本の古典だと「えにしの糸」と言われる「綾煙管」などがが似たような演目です。
比翼の竹が日本の古典にはならないでしょうが、現代和妻ならいいかもです。

和妻の大掛かりなものはなかなか大変なのでこういった小ネタ的な演目で時間もちすれば大いに役立つのです。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kyokugoma.blog.fc2.com/tb.php/2019-cf1645d9
該当の記事は見つかりませんでした。
~たった30日で5キロやせた方法~シンデレラダイエット