独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
映画、演劇、音楽、DVDなど

デブだからと言って馬鹿にするな!「燃えよデブゴン」を見る


原題「肥龍過江 Enter The Fat Dragon」。燃えよドラゴンの原題が「Enter The Dragon」だからこの邦題はただしい。
しかーし、この時代のサモ・ハンっていまみると全然太ってない。
今回見たのは数年前にテレビ放送を録画したものである。未だにDVD化されてないから、見るにはVHSを探すしかない。
何気に見たことがない人も多いのではないだろうか?


ブルース・リーに瓜二つ。

ブルース・リー亡き後、大量のそっくりさん映画ができたが、サモ・ハンほどブルース・リーの真似が上手い人は居ないと思う。
以前なんかの映画で、チャウ・シンチがブルース・リーの真似をしていたがやはりサモ・ハンのほうが似ている。体系以外は・・……(-。-) ボソッ

途中、偽ブルース・リー映画の撮影現場に行ったシーンでデブゴンが大暴れするが、デブゴンのほうがブルース・リーになりきっている。

最後に用心棒3人と戦うが、黒人の用心棒ってリー・ホイサンなんだね。今まで気が付かなかった。


この時代の映画はワンカットが長い。今のように短いカットでつないでごまかしてるアクションシーンじゃないんだな。
アクションシーンはこの頃のほうがよかったが、いかんせんストーリーが甘い。特にサモ・ハン映画を改めてみるとストーリー的な面白さがないのが残念である。

今回見たのはテレビ放送版だが、字幕がVHS版と全然違う。VHS版の字幕は結構めちゃくちゃだった。
ぜひ、水島吹替でDVD化してもらいたい。


燃えよデブゴン10がついにDVD化されますね。日本でソフト化されるは初めてじゃないかな。
サモ・ハンの日本での評価が低すぎるように思う。今度は豚だカップル拳もDVD化してもらいたい。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kyokugoma.blog.fc2.com/tb.php/215-919e678d
該当の記事は見つかりませんでした。