独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
お奇術

カード・マニピュレーションについて ファンカード

ファンカードをやる人があまり居ないように思う。
少なくとも小生の周りには居ない。でもこれ簡単で綺麗でとてもいいんですよ。
ミリオンカードって年単位の練習が必要になるけど、ファンカードはすぐにできるようになります。
ミリオンカードの演技とファンカードの演技の両方をやるなら、薄手のほうがいいかもしれないが、ファンカードだけをやるなら普通の厚みのもののほうがやりやすい。
ウィンドミルのファンデックはまだ店によっては残っているので、無くなる前に購入しておきたい。
67abbadd.jpg


ファンカードは購入したままだと綺麗に開かない。
ロウ、もしくはファンニングパウダーを使ってファン加工しなければならない。
それぞれに一長一短があるのでどちらがいいとはいえない。

ロウ
デメリット
・加工に手間がかかる。
・汚れやすい
・低温下では固まり綺麗に開かなくなる。
メリット
・粘り気があり、ファンが綺麗に広がる
・一度加工すると結構長持ちする
・ロウはコンビにでも100円ショップでも買える。

ファンニング・パウダー
デメリット
・加工しても長持ちしない
・やはりロウのほうが綺麗に開く
・パウダーは有害なので吸ってはいけない
メリット
・加工が簡単
・温度は関係ない

小生はファンニングパウダーを使っているが、ロウ加工のほうがお勧めできる。
以前はロウを使っていたが、冬場は全く開かなくなるのと、メンテナンスが非常に手間取るためやめた。
ロウを塗りなおす場合、一度すべて落としてから塗りなおします。綺麗に塗ると水にぬれても問題ありません。

ファンカードそのものは別に手品ではないと思うが、自分でやっていて綺麗に開くと結構楽しい。
オチで口から出しておけば、人前で演じれるだろう。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kyokugoma.blog.fc2.com/tb.php/225-76845d8b
該当の記事は見つかりませんでした。
~たった30日で5キロやせた方法~シンデレラダイエット