突っ込みどころ満載「ゴースト・フライト407便」を観る

 13,2013 09:27
ゴースト・フライト407便 2012年タイ
監督イサラー・ナーディー
出演マーシャ・ワタナパーニット
バンコクからプーケットに向けて出発したサンセット航空<407便>。機内には様々な事情を抱えた乗客たちや、新人時代にフライト中に幻覚を見てしまい長期休暇を余儀なくされていたCAネウなどが乗り込んでいた。ところが、<407便>が地上3万フィートの上空を飛行中、突然欧米人の乗客が倒れたのをきっかけに、機内では怪現象が次々と発生、乗員乗客はパニックに陥ってしまう。


タイ映画ってあんまり見たことがない。ゆえに監督も出演者も全く知らない人ばかり。
不思議なほどタイの女優に綺麗な人がいない。
もともとB級映画と思って見にいってたのでそれほどがっかりはしていない。

高校生の女の子が完全なキノコ頭で全然可愛くない。飛行機内もやたら広い。エコノミーであんな広いのは撮影の都合だろうか。
ストーリーもよくわからない部分があるが、そんなに深く考える映画でもない。
パイロットまでなぜか死んでるけど、整備士でも着陸させることができるんだね。
最近の飛行機って操縦簡単なのか?

一応ホラー映画なのだが、全然怖くもなく、緊張感もない。
久しぶりに荒唐無稽なB級映画をみたが、嫌いではない。
この映画、3Dだったらしいが日本での上映が2Dだった。もし3Dで観たらもうちょっと臨場感があったのだろうか?


来場者にはタイのグリーンカレーセットとココナッツミルクのお菓子がもらえます。

Comment 0

Latest Posts