独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
お奇術

抜き卵

エッグバッグをやりたかったので抜き卵を作る。

エッグバッグは非常に便利な演目である。
道具がコンパクトでありながらクロースアップからサロンまで対応できる。
角度にも比較的強い。
時間もちがする。
・・・
とまあ、便利なのだがこれを演じてるマジシャンをあまり見たことがない。
あまりというか大道芸で演じてる人は今まで一人しか見たことがない。
初めてみたとき、タネが全くわからなかった。12年前のことである。
すぐにエッグバッグを何個か取り寄せた
・・・が、それっきり放置。

やっぱり難しいんですよ。演じ方とかコミュニケーションとか。
技術でカバーできるもののほうが演じるのは簡単だな~と思う。
それにレクチャーものが意外と少ない。
当時日本語でかかれたものはクラシックマジック辞典2だけだった。


お蔵入りしていたが改めて見直すきっかけになったのは、和妻で袖卵ではなく袋卵を演じてるマジシャンを見たからだ。
袋卵から紙片の曲へ一連の手順で7~8分演じれる。喋らなくてもいい。
おしゃべりの苦手な小生にはこっちのほうが向いてるような気もする。
とはいえ、この手順は結構準備がいるのでとりあえず普通のエッグバッグの手順を練習してる。
演じる日が来るかどうかわからないが・・・


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kyokugoma.blog.fc2.com/tb.php/282-fdf24937
該当の記事は見つかりませんでした。