独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
映画館で観た映画

グランド・マスター(2013)

原題;一代宗師
監督:ウォン・カーワイ
出演:トニー・レオン チャン・ツィイー

ウォン・カーワイという映画監督の作品はとことん苦手である。
初めて見たのは東京国際映画祭の「恋する惑星」であった。その後、「欲望の翼」、「天使の涙」、「楽園の瑕」とすべて映画館で寝てしまうという失態を繰り返す。「2046」にいたっては途中で見るのをやめてしまった。
それでも、ユエン・ウーピンがアクション監督してるんだから多少は期待してしまう。

今回は劇場で寝ないよう昼寝してから見に行く。そのおかげで、ウォンカーワイ作品としては初めて劇場で寝ずにすむ。
映像は綺麗だった。綺麗な映像の連続だけど、それだけじゃ飽きてくる。
詠春拳と八卦掌と八極拳の戦いかと思いきや、そうでもない。
八極拳のチャン・チェンとトニー・レオンは絡みもなく終わってしまう。
トニー・レオンとチャン・ツィイーのシーン。広東語と北京語で会話していた。こんな会話成り立つのかな?北京語は標準語だからいいとして、大陸の人が広東語理解できんだろう。


アクション監督のユエン・ウーピンが陳華順役で出演していた。
ユエン・シャオティエン(オヤジ)

ユエン・ウーピン(ムスコ)
久しぶりにスクリーンで見れてよかったですな~。






日本で八極拳を有名にしたのはやっぱり松田隆智氏であろう。

これは陳氏太極拳だけど。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kyokugoma.blog.fc2.com/tb.php/287-4d1c18c1
該当の記事は見つかりませんでした。