独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
日々の出来事

都会に住むと便利な反面、出来ないことも多い。

 その昔、代々木公園で練習していたころのことです。知る人ぞ知る大道芸人が木にロープを巻いて綱渡りの練習をしていた。木が痛むとか言われてしょっちゅう怒られていたとか。
 最近はスポーツとしてやる人が増えたが、木が傷まないようにツリーウェアを巻いて設置しても怒られる。痛むとかどうとかでなく、理解が無いだけの話である。
 大きな公園なんかで練習していると大抵は警備員が回ってきて注意される。少し前までは夜間に警備員が回ってくることなんて無かった。ここ、5,6年のことだろう。公園でジャグリングの練習をしていて警察に通報されたことがあった。なんとも住みにくい世の中になったな~と思う。
 庭付きの家なんかだと思う存分練習できるのだろう。新宿ってどこにいっても人がいて練習場所を探すだけで苦労する。何故って人前で練習したくないでしょ。

2bd5ddc8.jpg

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kyokugoma.blog.fc2.com/tb.php/322-c22278a2
該当の記事は見つかりませんでした。