独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
芸のこと全般

高組


綱渡りは印度で発祥し、中国から日本に伝えられた。「和漢三才図会」には二本綱を歩く絵が描かれていた。
これが一本綱に進歩したのは、元文二年(1737)年かららしい。

1本のほうが難しいのだろうか?二本なら二本の難しさがあるように思う。


最近流行のスラックラインは綱渡りをトランポリンを足したスポーツでして。見た目以上に疲れる。
小生、昔一度だけワイヤーを張った綱渡りをしたことがあるが、スラックラインのほうが難しいように感じる。


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kyokugoma.blog.fc2.com/tb.php/324-d98842c1
該当の記事は見つかりませんでした。