独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
芸のこと全般

子供から大人まで・・・

026c89be.jpg

イベントなんかでよくあるパターンだが、前に子供がならんでその後ろに大人が見てる。
年代問わず楽しめるショーって成立するのだろうか?
大人向けのほうが簡単だもんね。子供って全然違った考え方とかしちゃうのよ。自分も子供だったくせに全然覚えていないんだな。
子供の多い現場だとやっぱり子供と遊ぶような演目を増やして。見せるところはちゃんとやって、バランスを取ろうとしてるんだけど、どうなのだろうか?
ステージに子供を上げると、その親にとってはシャッターチャンスなんだから結構喜ばれたりする。
子供に限らず観客をステージに上げるのはリスクがつき物で、上手くいく場合もあれば、ショーが台無しになる場合もあるわけです。ゆえに最近自己完結するパフォーマーが多い。
少なくとも喋りのネタは子供にウケにくい。ジャグリングを見てるときはどういう風に感じてるのだろうか?
小生が子供の頃は、純粋にボールの動きなどが不思議でみてたような気がする。マジックを見て笑った記憶も特にない。田舎暮らしの小生にとって、そういった芸事を見る機会はめったになく、あまり見たことがないから見るものすべてが新鮮で刺激的だったのだろう。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kyokugoma.blog.fc2.com/tb.php/328-d355066b
該当の記事は見つかりませんでした。