独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
芸のこと全般

一輪車の飛び乗りのこと

昔、中国の一輪車芸人の演技をみた。一輪車の高さは約7フィートだろう。ステップを駆け上がり飛び乗る。
そのとき調子が悪かったのか一向に乗れない。最初笑いながら見ていた相方の芸人もあまりの乗れなさに不安げな表情になり、中国語で会話をしていた。
時間は計っていないが20分近くかかっていたように思う。体感だから実際はもう少し短いかもしれない。
乗ってからは得意満面に演技を終了したが、その半年後別の場所で見かけたときは脚立を使って乗っていた。
数年後に見かけたときにはまた飛び乗りしていたのだが、スランプというものなのだろうか?

小生、一輪車に乗るときわざと失敗していると思っている人もいるようだが、そんな余裕はさらさらない。
飛び乗りの練習は殆どしていない。というのは練習で膝を痛めたからだ。それほど高くないとはいえ、乗れないときは何十回と飛び降り続けるわけだから当然負担がかかる。
本番で3回やって乗れないときは諦める。先の中国人の例もあるが、とことん乗れなくなることがあるので無理はしない。
だいたい月に1~2回乗れないときがある。そういうショーを見れたらラッキーです。

fc55e344.gif

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kyokugoma.blog.fc2.com/tb.php/337-8f49a99a
該当の記事は見つかりませんでした。