独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
ジャグリング

踊るニューヨーク


こういう映画を知ってるのは結構マニアなのだろうか?
なぜ今更紹介するかって、途中でジャグラーがでてくるんですよ。ジャグラーが出てる映画はいっぱいあるけど、こんなに活躍してる映画は珍しいのではないだろうか?
しかも女性ジャグラー。
スピニングボールとお皿6枚のファウンテンとマウススティックでボール操るやつ。演目の名前わからんや。

この部分の動画はyoutubeとかにもあるのでわざわざDVD買わなくてもいいかも。本編中にジラフ一輪車乗る人もでてくるんだけど、これが結構すごい。6フィートぐらいの一輪車だと思うが、ステージから落ちるんだな。これ怖いって。


太神楽だと土瓶の曲芸です。最近あまりやる人いないね。
不思議なことにこのマウススティックを扱ってるジャグリングショップが世界中探しても1件しかみつからなかった。
以前スピニングボールをやるときにL字のマウススティックが欲しいとナランハに問い合わせたら自作してくださいといわれたな・・・・・( ̄。 ̄ )ボソ...
クラシックなものがジャグリングにもあるらしくって、有名なところではジェットンとか。



何を持ってクラシックって言うのかわからないけど、演技スタイルとか道具とか衣装とか音楽とかでなんとなく判断するのかな?
演目的にはハット、ステッキ、皿、スピニングボール、などなど
この本に詳しく書かれております。英語だけど。たしかカップとかスプーンとグラスのやつとかもかかれてたような。


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kyokugoma.blog.fc2.com/tb.php/346-88a4da80
該当の記事は見つかりませんでした。